会員登録について

保険募集人・FP・IFAの方々を中心に会員数が3000名を突破しました

ドルコスト協会の会員特典

会員の特典は以下の通りです。

  1. 会員証の発行・肩書きの利用
  2. 星野泰平監修ドルコストアカデミーで学習出来る
  3. ドルコスト協会コンテンツバンク(500種類以上)の利用権
  4. 星野泰平執筆の会員限定コラムの購読が可能
  5. 会員限定セミナーに参加可能
  6. 会員コミュニティに参加可能
  7. ドルコスト平均法検定が受験可能
  8. 名刺の作成が可能(有料)
  9. ドルコスト小冊子が購入可能

以下、順番に説明していきます。

【1】会員証の発行・ドルコスト協会会員の肩書きの利用

ドルコスト平均法協会の会員証を発行します。カードサイズなので名刺入れなどに入れて、常に携帯できます。

*会員カードは、入会後1〜2週間で郵送します。会員証を紛失した場合、再発行費用は1620円です。

また、ドルコスト平均法協会の会員として、肩書きに利用できます。

名刺などに記載していただいてもOKです。

【2】星野泰平監修ドルコストアカデミーで学習出来る

ドルコストアカデミーは、質と志の高いドルコスト伝道師を育成する学校です。

世界に類を見ないドルコストの専門学校です。

世界最高レベルのドルコストのコンテンツが学べます。

レベル1から順番にお読みいただくと、ドルコスト平均法の問題点、課題、特徴、伝え方、アドバイザーの心構え、世界経済の成長力、投資家心理など、ドルコストアドバイザーとして活躍する為に重要な内容がステップバイステップで学べます。

使命感もしっかり醸成され、ドルコストを伝えることが仕事の大きなやりがいになります。

学んだことをアウトプットして行動することで、質と志の高いドルコスト伝道師として活躍できます。

【3】コンテンツバンク(500種類以上)が利用可能

「ドルコスト協会コンテンツ・バンク」をご利用いただけます。

星野泰平がセミナーで利用している資料もそのまま掲載されていますので、すぐ現場でご活用いただけます。

特徴①:膨大なコンテンツが収録

コンテンツバンクの種類例

  • 星野泰平のセミナーで利用しているグラフ・コンテンツ
  • ドルコスト平均法を説明するためのグラフ・コンテンツ
  • 世界経済の成長力を伝えるためのグラフ・コンテンツ
  • 日本経済の状況を説明するためのグラフ・コンテンツ
  • 投資家心理を説明するためのグラフ・コンテンツ
  • 海外の投資情報に関するグラフ・コンテンツ

コンテンツバンクには、合計500種類以上のコンテンツを収録しています。

コンテンツバンクを使えば、いちいち手作りしないでも、気に入ったグラフだけを利用して、オリジナルの質の高いセミナーコンテンツをつくれます。

特徴②:随時アップデート

コンテンツバンクは随時、アップデートしていきます。

会員向けコラムに掲載されているコンテンツだけでなく、星野が新しく書籍を執筆したり、講演の資料を作ったら、随時コンテンツバンクに追加していきます。

セミナー資料をブラッシュアップして行ってください。

特徴③:オンライン面談で利用可能

コンテンツは、オンライン面談やオンラインセミナーでもご利用いただけます。

コンテンツ利用規約の範囲内で、自由に利用できます。

会員登録後、マイページよりダウンロードできます。

グラフやコンテンツは会員の方が講師の場合に利用できますが、非会員の方はご利用いただけません。企業や金融機関で複数の人が利用したい場合は、その方々の会員登録が必要です。また、セミナー用資料として利用はできますが、冊子や書籍などに利用することはできません。コンテンツ利用規約をよくご確認ください。

【4】星野泰平書下ろし会員限定コラムを購読が可能

会員向けコラムは、週に2-3本更新予定です。

協会サイトにログインしていただくと、星野泰平が執筆する会員限定のコンテンツを閲覧できます。

世界の様々なニュースから、ドルコストを伝える上で役立つヒントなど、様々な切り口から執筆しています。

すでに累計500本以上のコラム等が収録されています。

継続的に読み続ける事で、ドルコストアドバイザーとしての使命感が強くなります。

普遍的な内容も多いので、時間が経過して読み直しても新しい気づきが得られます。

世界で最もドルコスト平均法に詳しくなれるライブラリーです。

自身の知識水準の向上はもちろん、モチベーションアップ、営業スキルアップにお役立てください。

詳しくはこちらのページをご覧くださいませ。

【5】会員限定イベント・セミナーに参加可能

ドルコスト協会の会員限定セミナーに参加可能です。

現在の会員向けイベント・セミナー予定はこちらをご確認ください。

今年も精力的に、新しいテーマでセミナーを開催します。

<予定>7月半ば:【続けられないリスク対策】お客様を守る為に知っておくべき投資家心理セミナー【コロナ時代Ver】

→2017年、2019年に開催した「投資家心理セミナー」をパワーアップして開催しますドルコストをする投資家は、ほとんど共通する「投資家心理」を持っています。ドルコストをするお客様は、「自分自身が心にもつ罠」に引っかかり、失敗してしまうことが多いのです。当然ですが、お客様はそれに気づいていません。だからこそ、ドルコストのアドバイザーは、お客様を「お客様自身の心理の悪癖」から守るためにそれを理解しておく必要があります。コロナ時代は特にSNSなどで大量の情報がお客様に降りかかります。ドルコストは10年・20年・30年と長期間続ける行為です。その間に売却したくなるお客様の心理や不安になる心理を防ぐための施策を学べます。

<予定>8月半ば:金融業界で初めて解説!積立投資のリバランス徹底解説セミナー

→現在、リバランスにについて、現在絶望的なまでにコンテンツがありません。また「量」の視点がない間違ったコンテンツが定着しています。数年前に行ったリバランスセミナーでは解説しきれなかった部分を整理して、説明します。リバランスの効果、メリット・デメリット、バランス商品VS単一商品の組み合わせ、リバランスの頻度の影響、非課税制度と課税制度の比較など、リバランスについて徹底解説セミナーです。従来の投資理論で用いられるボラティリティ(変動性=リスク)思考の欠点についても解説します。今までの金融業界で誰も説明してない内容です。

<予定>9月半ば:積立投資の「本当の期待値」徹底解説セミナー (複利で増えない積立投資。複利の功と罪の両面を知る)

→巷のマネーセミナーでは「72の法則」「複利効果」がよく用いられます。しかし、投資信託の様に「量」がある金融商品の場合、複利で増えることはありません。なぜなら、投資信託には「量」があるからです。複利効果は「量」がない預金の話で、「量」がある投資信託には関係ないのです。あくまで、投資の成績=量×価格で決まります。(量は長期間寝かせても、細胞分裂の様に増えることはありません)今、世界的に多くの人達が運用で資産を増やしているのは、単純に投資した商品の「価格」が上がりしているからです。私は複利効果による説明を全面的な否定はしません。ある意味では社会にとってもメリットがあるからです。しかし、それを悪用するとお客様に過度な期待を持たせてしまいます。要するに、使い方が重要だと考えています。積立投資の期待値の正しい考え方、複利効果の功と罪、複利はNGではないが、ある程度の自主規制が必要な理由、プロなら理解するべき積立投資の本当の期待値の考え方について説明します。

<予定>10月半ば:資産運用の出口戦略「取り崩し手法」徹底解説セミナー

→資産運用の取り崩しについて、徹底解説します。人生100年時代の資産運用や、DCやイデコの出口など、取り崩しの話題を目にする機会も増えました。これも最近「定率取り崩し」という説明が広がり始めています。しかし、有識者と呼ばれる人達の説明を読んでも間違った説明ばかりです。3つの取り崩し手法「定額取り崩し」「定率取り崩し」「定数取り崩し」について、そのメリット・デメリットを徹底解説します。今定着し始めている「定率取り崩しが良い」という説明のトリックも説明します。これもリバランス同様、今までの金融業界で誰も説明してない内容です。

【これまで開催した星野泰平が講師のセミナー開催例】

  • 正しく楽しくドルコストを説明できる!星野式ドルコスト説明法セミナー
  • お客様の資産を成長させる!コロナ時代の世界経済の成長力伝え方セミナー
  • お客様をサポートするための「絶対に知っておくべき5つの投資家心理」
  • 何のためにドルコストを伝えるのか?ドルコストを伝えるべき7つの理由
  • 日本に間違いだらけのドルコストの説明が定着した理由とは?
  • お客様を取り巻く環境はますます厳しくなる!日本経済の環境認識セミナー
  • ドルコストを伝えるのが更に楽しくなる!ドルコスト12の性質セミナー

他にも、全国で活躍する会員の方々にセミナーに登壇いただいてます。

【6】会員コミュニティに参加可能

ドルコスト社会を目指す同じ志を持った仲間と共に交流できます。

定期的に勉強会をしたり、活動報告・成功事例の報告などを行うことで、知識・スキル・モチベーションが高まります。

全国のドルコスト仲間と交流することで刺激を受け、使命感も高まります。

全国のドルコストに対する熱い想いをもつメンバーと交流しましょう。

【7】ドルコスト平均法検定が受験可能

会員登録いただくと、ドルコスト平均法検定を受験可能です。

残念なことに、今の日本の金融業界でドルコスト平均法の間違った説明が定着しています。

間違った説明でアドバイスをしてもお客様からすれば迷惑です。

投資は自己責任で、最終的な損益の責任を取るのはお客様だからです。

だからこそ、アドバイザーはお客様が判断しやすい様に、正しく説明する責任があります。

ドルコスト平均法検定に合格して、正しく説明できる人材になりましょう。

【8】ドルコスト平均法協会 会員の名刺作成が可能(有料)

ms

ドルコスト平均法協会の会員として、名刺を作成できます。

お客様や同僚、プロの方々に、ドルコスト平均法協会会員であることを簡単に伝えられます。

【9】ドルコスト小冊子を購入可能

星野泰平が執筆し、累計18万部以上ご注文を頂いたドルコストを伝える小冊子を購入いただけます。

星野式ドルコスト説明法によるわかりやすいドルコストの説明に加え、お客様がドルコストに興味をもつコラムを18本収録しています。

お客様に「次、お会いする時までに読んでおいてください!」とお渡しするだけで、非常に教育効果が高くなります。

ドルコストを伝えるのに非常に便利な冊子です。ご活用ください。

ご入会資格について

オフショア商品の商品を勧誘・案内している方のご入会は固くお断りします。

(オフショア商品とは日本国内の金融庁に登録されてない海外の金融商品です)

当協会は、 業務としてドルコスト平均法の推進に関わられている方のみご入会頂けます。

保険募集人・IFAの方々が中心です。

一般の方のご入会はお断りしています。

また、所属法人が不明な場合やHPなどがなく身元の確認が取れない場合は、ご入会をお断りする場合もございます。

個人会員のみで、法人会員はありません。(法人払いは可能です)

会費について

ドルコスト協会の会費は、ドルコスト社会実現に向けて、質と志の高いドルコストの伝道師の育成等に活用します。

入会費 (クレジットカード払い)

5,000円 (税込:5,500)  

月額会費 (口座振替のみ)

 980/月(税込:1078/月)

・会費は所属法人のお支払いも可能です(会員登録は個人のみ可能です)。会費は口座振替でお支払いいただけます。

・入会費はクレジットカード払いも対応していますが、月の会費は口座振替のみとなります。

・会費は翌月26日に口座振替となります。(例:4月分の会費は526(金融機関休業日は翌営業日)に引落されます)
※残高不足などにより口座から正常に引落しが出来なかった場合、処理料として1回につき550円を追加した請求書をお送りさせて頂きます。
指定の期日までにご入金が無かった場合は、次回の処理としてさらに550円が追加となります。
普段よくご使用されている口座や、十分に残高のある口座のご登録をお願いいたします。

・お引落時の通帳名義には「JCB)ロボツトペイ」と記載されますので、ご認識をお願いいたします。

・退会は毎月15日までに事務局にその旨をご連絡頂きましたら、退会申請の方法についてご連絡させて頂きます。申請が完了しましたら、当月末での退会になります。退会翌月の26(金融機関休業日は翌営業日)に、退会月の会費が引き落とされます。

ご入会の手続きについて

入会手続きは以下の通りです。本登録が完了しないと、会員サイトにログインできません。

自動振替依頼書を速やかにご郵送ください。

  1. 仮登録
    下記ボタンより決済をして、会員情報を入力してください。
    個人会員のみで、法人会員はありませんが、法人払い(法人口座引落)は可能です。
    個人登録・個人会員となるため、必ずご自宅住所にてお申込み下さい。
    ご自宅以外のご住所を入力された場合、お申し込みは無効となり、ご自宅住所にて再申込を頂きます。
  2. 自動振替依頼書の作成
    仮登録が済むと、自動返信メールが送られますので、メールに記載のURLから「自動振替依頼書」を作成してください。
    作成方法がわからなければ、2日ほどお待ちください。協会から「自動振替依頼書」を郵送します。
    1週間以内にご返送をお願いいたします。

    ※仮登録後、3ヶ月経過しても口座振替依頼書の返送がない場合で、
    再度口座振替依頼書などの発送が必要な場合は、もう一度入会費5500円がかかりますので、ご注意ください。
    (最初にお送りした口座振替依頼書が手元にあり、その書類を仮登録3ヶ月経過後にご返送いただく場合は、追加料金はかかりません。)
    口座振替依頼書は、なるべく早くご返送頂きます様、お願いします。

  3. 自動振替依頼書の郵送
    作成した「自動振替依頼書」に銀行印を押して、弊社に郵送してください。
  4. 本登録
    弊社にて登録内容と、自動振替依頼書を確認し、本登録完了メールをお送りします。
    本登録が完了すると、会員サイトにログインできます。「自動振替依頼書」が弊社に届いてから、確認に2,3営業日頂いています。
仮登録時に、所属法人が不明な場合やHPなどがなく身元の確認が取れない場合は、ご入会をお断りする場合もございますのでご了承くださいませ。

注意事項

・仮登録の段階で、会員価格で小冊子やクイズ冊子の購入などは可能です。ただし、会員サイトにはまだログインできないので、購入を希望される方は、事務局までメールにてご連絡ください。

自動振替依頼書は、不備があると再送いただき、本登録までに日数がかかったり、再提出していただく必要があります。二度手間にならないよう、見本を見ながら正確に入力・記入・押印してください。

・自動振替依頼書の銀行印は、不鮮明だったり、ブレたりすると引落不可になり、再提出が必要になる場合もあります。しっかり押印してください。

・自動振替依頼書でよくある不備になる理由:印鑑相違、名義人相違、支店相違、口座番号相違、印鑑不鮮明

・自動振替依頼書を弊社にお送りいただく切手代はご負担ください。

・仮登録時の自動返信メールはゴミ箱や迷惑メールに入ってしまうこともありますので、メールが届かない場合は必ずご確認ください。

何の為にドルコストを伝えるのか?ドルコスト協会の使命について

何の為に正しくドルコストを伝えるのか?

ドルコスト協会のミッション(使命)について、こちらで解説してますのでご確認ください。

日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book