積立投資の特徴7:終盤にリスクが高くなる

つみたて投資の7つの特徴を正しくしっかり伝えたい方は、じぶん年金ゲームをご利用ください。

積立投資を始めるタイミングは気にせずに、やるなら早く始めた方が良いです。

しかし、「量」が積み上がった後半については、投資の成績の変動幅が大きくなるので、リスクが高くなります。

それゆえ、積立投資の終盤ではリスクマネジメントが重要です。

今回は、積立投資の終盤のリスクの説明です。

「量」が積み上がる終盤は、投資の成績の変動幅が大きくなる

じぶん年金ゲームのスクリーンショットは利用規約で禁止されているのでご注意ください。

これは架空の商品の値動きの推移です。

100円からスタートして、20年間の値動きになります。

商品名等は特にありません。

赤・青・水色・紫・緑・黄色と、色で考えてください。

これらの商品に、毎年1万円の積立投資をした場合の投資の成績の推移は以下の通りです。

じぶん年金ゲームのスクリーンショットは利用規約で禁止されているのでご注意ください。

序盤・中盤に比べて、終盤の方が投資の成績の変動幅が大きくなっています。

つまり、あなたが積立投資をしたお金は、序盤よりも終盤の方が増えたり減ったりするブレ幅が大きくなるのです。

その様になる理由は「量」です。

積立投資を続けると、時間の経過に伴い「量」が積み上がります。

それは当然です。

積立投資を続ける期間が長いほど、積立る回数が多くなり、投資金額が増えるからです。

積立投資の終盤で少し価格が下がると、序盤の同じ程度の値下がりよりも資産の目減りが大きくなります。

逆に、終盤に価格が上がると、序盤の同じ程度の値上がりよりも資産が大きく増えます。

このリスクについて、認識しておくことが大切です。

鉛筆の「価格」が動くとどうなるか?

積立投資の成績は「量」と「価格」の掛け算で決まります。

「価格」の変動幅は同じでも、持っている「量」によって投資の成績の変動幅は異なるのです。

例えば、100円の鉛筆を1本持っているとします。

この鉛筆が110円に値上がりした時に誰かに販売したら、10円の利益が出ます。

それでは、この鉛筆を1万本持っていたらどうでしょう?

利益は10円×1万本=10万円になります。

同じ10円の価格上昇でも、持っている「量」によって得られる利益の金額は何倍も変わるのです。

積立投資でも同じです。

序盤は「量」の合計が少ないので、投資の成績の変動幅は小さいです。

それゆえ、積立投資のスタートのタイミングは気にせず、やると決めたら早く始めた方が良いのです。

しかし、「量」が積み上がった終盤は投資の成績の変動幅が大きくなります。

金額の視点で見た場合、積立投資は終盤になるほどリスクが高くなるのです。

それゆえ、積立投資の終盤に向けてリスクマネジメンが重要になります。

これまで積立投資の「終盤のリスク」は過少評価されてきた

これまで、積立投資の終盤のリスクは過小評価されてきました。

実際は終盤にリスクが高まるのに、それを一切説明して来なかったのです。

金融業界が積立投資の将来の期待値を説明する時、「複利効果」を頻繁に用います。

「長く続ければ複利の力で雪だるま式に増える・・・」の説明です。

「複利の力にアインシュタインが驚いた!」みたいなエピソードも交えて話されることが多いです。

複利効果のグラフを見ると、将来に向けて右肩上がりで資産が成長するイメージを持ってしまいます。

積立投資の終盤にはリスクがほとんどないと誤解を招いてしまう説明です。

しかし実際は、積立投資の終盤が近づくにつれて、投資の成績の変動幅は大きくなります。

これまで金融業界は、積立投資の終盤のリスクを適切に説明してこなかったのです。

積立投資のスタートのタイミングのリスクを過大評価し、終盤のリスクを過小評価してきたのです。

その背景には、積立投資の説明を「平均買付単価」で済ませてきた事実があります。

投資は自己責任です。

損益の責任を追う投資家が、正しく積立投資の特徴やリスクを理解・判断出来るように、積立投資の特徴やリスクを何一つ説明できない平均買付単価の説明を撲滅して、投資の成績=量×価格で説明しましょう!

多くの人は積立投資を「誤解」しているから教えてあげよう!

まだほとんどの日本人は、積立投資を「誤解」しています。

「複利の力で増える」「右肩上がりで資産が増え続ける」という説明を受けて誤解している人が大勢います。

実際は、積立投資の終盤は序盤よりも大きく投資の成績が変動するので、リスクが高くなります。

その誤解を解いてあげましょう。

確定拠出年金の導入企業イデコつみたてNISAをスタートする人も増えています。

あなたの周りのお友達・同僚・ご家族に、本当の積立投資の特徴を教えてあげましょう!

今後、日本人は自助努力による資産形成が必要になります。

しかし、積立投資をきちんと理解している人はまだほとんどいません。

積立投資の「量」の視点を周りの人に教えてあげて、積立投資に対する「誤解」を解いてあげましょう!

【使命】つみたて投資で日本を笑顔にする【重要】

つみたて投資協会の使命(ミッションステートメント)行動原則を、更新しました。

つみたて投資協会のミッションは、「つみたて投資で日本を笑顔にする」です。

【DCED】DC導入事業が盛り上がってます!

DC導入事業が盛り上がってます。日々の活動報告はDC教育協会のサイトにて更新中です。

ご覧ください!

【5/12】DC教育協会 選択制DCの導入アドバイザー説明会を開催!

DC教育協会でDCの導入アドバイザーに興味がある方向けの説明会を開催します。

DC導入に興味ある方のご参加、お待ちしています!

【リニューアル】コンテンツバンクはこちら

コンテンツバンクへのアクセス方法が変わりました。コチラからご利用いただけます。

ドルコストアカデミーで学んで質と志の高いドルコストの伝道師を目指そう!

ドルコスト協会のミッションである質と志の高いドルコスト伝道師を育成するためのドルコストアカデミー(テキスト版)をスタートしました。

アウトプットまでがインプットです。学んだ事を、プロ向け勉強会で仲間に伝えて、質と志の高いドルコスト伝道師を増やしましょう!

【TOT7回達成】西原泰浩様が「じぶん年金ゲーム」を使う理由とは?

星野泰平ドルコスト研究物語を更新しています

【じぶん年金ゲーム】ユーザーの声をいただいてます

 

じぶん年金ゲームのユーザーの皆様から、推奨コメントをいただいてます。

こちらでご確認いただけますのでご覧ください。

じぶん年金ゲームは1ヶ月お試し無料なのでご活用ください。

ドルコスト小冊子が20万部を突破しました

ドルコスト小冊子の販売部数が20万部を越えました。

ドルコスト協会LINE公式アカウントのご案内

ドルコスト協会のLINE公式アカウントを作成しました!

会員コラムなどを更新した際に、おしらせをお送りします。

※記事更新メルマガは、段階的に廃止して、LINE公式アカウントからお知らせさせて頂きます。

 ※お問い合わせなどは、LINE公式アカウントではなく、今まで通りお問い合わせフォームから受けつけております。

ご登録はこちらからどうぞ

友だち追加

URL:http://nav.cx/fOmtsQl