【6/13】お客様から「入りたい!」と言われる!ルンバ流!お客様も自分もワクワクするじぶん年金ゲームの使い方6つのポイントセミナー【東京】

【6/13】お客様から「入りたい!」と言われる!ルンバ流!お客様も自分もワクワクするじぶん年金ゲームの使い方6つのポイントセミナー【東京】

あなたは、次の様な悩みを抱えていませんか?

・保険募集の仕事が辛い・シンドイ・・・

・なかなか契約が決まらない・なかなかアポが取れない・・・

・「外貨建て保険で本当にお客様の資産づくりができるか不安だ」

・「変額保険を販売してみたいが、本当にいいのか自信が持てない・・・」

・お客様から紹介をいただきたいが、なかなか紹介が出ない・・・

・職域で効率よく営業をしたいけど、方法が解らない・・・

・プレゼンの成約率をもっと高めたい・・・

・お客様から「もっと教えて欲しい!」と言われたい・・・

・数字に追われるだけでなく、もっと自信を持って楽しみながら仕事に取り組みたい・・・

その様な悩みをお持ちの方には、ルンバの話がオススメです。

ルンバ自身、数年前まで上記の不安を持ちながら、悩みもがきながら仕事をしてました。

しかし、じぶん年金ゲームと出会いお客様が「キャッ!キャッ!」と喜んでくれる経験をする度にドルコストを伝えるのが楽しくなり、「仕事楽しい!セミナー楽しい!ゲーム楽しい!」と大きく変わりました。

ルンバがじぶん年金ゲームを活用して、プレゼンの成約率を高め、 お客様から次々に紹介や自主的な勉強会の依頼が入り、ストレスなく楽しく自信を持ってドルコストを提案するようになった方法を学びたい方のご来場をお待ちしています。

講師紹介

■ 八木 宏季 (やぎ ひろき) ルンバ

 生命保険代理店 八木宏季 代表

  DCコンサルタント®/ファイナンシャルプランナー

 運用プロ集団 チームM 所属

 一般社団法人 ドルコスト平均法協会 会員

 一般社団法人 確定拠出年金教育支援協会 会員

  • 兵庫県尼崎市在住。中央大学法学部法律学科卒。
  • 多種多様な仕事を経て、生命保険の個人代理店主として独立。主に個人に向けた金融教育と投資教育を行う一方、大手企業の労働組合に招かれるなど、マネーセミナー講師としても活躍。2018年からは、企業型確定拠出年金(企業型DC/401K)の取扱いも開始。最近では、外資系保険会社からの依頼を受け、金融関係者向けのセミナー講師としての活動も開始する。
  • 大学卒業後、婦人肌着メーカーの営業職として社会人生活をスタート。その後、警備員⇒自動車メーカー工員⇒豆腐製造⇒ショッピングセンター運営管理⇒自動車販売員を経て、2010年10月より、外資系生命保険会社から金融業界へ足を踏み入れる。
  • 転職後、余りにも保険が売れなかった時代に運命の出会いを果たし、「保険だからこそ出来る資産形成」に目覚める。また時を同じく、両親の保険を見直した際、60歳を過ぎた母親に、明らかに不必要な高額な保険金が掛けられていた事実を目の当たりにした事、その後の担当者の発言などから、本当に相手にとって必要な商品だけを販売しようと決意。現在は、自分自身の資産形成を実践するにつれて、将来のお金の不安が消える事を体験中。
  • 「投資で成功する仕組み作り」や「世の中のお金の流れ」を分かり易い言葉で、深くまで掘り下げるセミナーや個別面談は、同業者からも絶賛されている。金融関係のお客様も多数。お客様との面談に注力し、中には「知人のファイナンシャルプランナーが運用の相談に来るようになった」という方もいらっしゃる。講師を務めるセミナーは、「もっと早く知りたかった」「金融って難しくなかったんだ」「ニュースや新聞が面白くなった」と、年齢を問わず受講者から好評を得ている。

セミナー講師としても活動しているが、主だった活動は、すでに契約を頂いているお客様からの相談や面談。確定拠出年金(DC/401k)にも造詣が深い。また、自身の経験を活かした就職活動・転職・働き方などの相談にも乗っている。

■趣味 

  • 魚釣り(Catch and Eat 派。自分で魚も捌く) 
  • 格闘技観戦(学生時代はキックボクシング部の部長)
  • コーヒー(広島の友人から生豆を仕入れ、その都度焙煎して飲んでいる。事務所で提供中)
  • お酒(完全なビール派。朝ドラ「マッサン」の影響で、ウイスキーも好きに) 
  • ダンス(サンバ/サルサはかじった程度)

ルンバのコメント

みなさん、こんにちは!ルンバです。

僕と「じぶん年金ゲーム」との出逢いは、このゲームが誕生した頃まで遡ります。

当時、アクサ生命主催のセミナーで、星野さんが講師として登壇された時にゲームを紹介され、そのまま入会したのがキッカケです。運命の出逢いってヤツですね(≧∀≦)

ただ、それから数年は全くゲームを使う事なく、月日は流れました。

使わなかった理由は簡単です。僕自身が「ゲームの使い方を理解していなかった」ってだけです。わからない事って、なかなか出来ませんよね(>_<)

その後、2017年の11月に受講したセミナーで、ゲームの使い方をマスターする事が出来て、それ以降は、このゲームなくして僕のセミナーやプレゼンは有り得なくなりました!

何より、話を聴いてくれている参加者の反応が、ケタ違いに良くなりましたね。

驚きと共に、めっちゃお客さんやセミナー参加者の笑顔が増えました!(^^)!これは、何より嬉しかったですね。

どれだけわかり易い言葉を使ったとしても、ゲームを使った「視覚」からの情報には、正直敵いません。

これは、僕の実体験からの結論です。

ドルコスト平均法の有効性を、これだけ短時間に、しかも超!効果的に伝えられるツールは、これだけでしょう。

今回は、このゲームを使う時に絶対に伝えなければならない6つポイント、それを解説します。みんなで、最強のツールで最大の効果を発揮出来るように、一緒に学びましょう!

セミナー構成

当セミナーは2部構成です。

第1部:じぶん年金ゲームの型をマスターしよう

・じぶん年金ゲームを使う前の準備

・基本プレゼンの実践

・基本プレゼンの解説

・基本プレゼンのロープレ

・ランダムゲームの活用法

第2部:ルンバ流 じぶん年金ゲーム活用法

・じぶん年金ゲームを使う前にかけておく言葉とは?

・お客様の理解度・口コミなどが全然変わる言葉とは?

・お客様が自主的に「同僚や友人を集めて勉強会」を開いてくれる方法とは?

・●●をつくと、お客様が聞く姿勢になる

・サラリーマンには●●、子育て中のお母さんには●●、看護師さんには●●。ルンバ流の顧客が腹落ちする伝え方とは?

・「次、いつ来てくれるんですか?」「次いつ教えてくれるんですか?」「次、いつ勉強会やってくれるんですか?」と連鎖する理由

・外貨建て保険のお客様が勝手に乗り換えてくれる理由とはetc

ルンバが積み上げてきた「じぶん年金ゲーム」を効果的に使いこなす技術を身につけたい方のご来場をお待ちしています。

星野からコメント

ルンバが他の講師ともっとも異なる点は「顧客心理」を徹底的に深掘りしている点です。

お客様に投げかける言葉やタイミングを選び、徹底的に磨いています。

ゲームを使う前から使った後まで、その一連のプロセス全てに意味があります。

ルンバの言葉に触れるだけで、あなたの心も大きく変化するはずです。

継続的に成果を出し続けるルンバは、最近プロ向け講師としても度々金融機関で登壇しています。

「じぶん年金ゲーム」を使って、楽しくストレスなくお客様にドルコストを伝えたい方のご来場をお待ちしています!

開催概要について

■セミナー日時

2019年6月13日(木) 東京会場(講師:ルンバ) 13:30-16:30 (開場13:15) 定員に達しました

定員:28名※8席追加しました!

セミナー会場

会場は東京駅より徒歩圏内です。お申込みいただいた方にお知らせしています。

参加費

5,400円(税込)

お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

■参加メリット:じぶん年金ゲームの初期登録料1万円が無料
*ただし、セミナー参加後3日以内に限ります。

■持ち物:2人1組で、ロープレを行いますので、PCやタブレットを必ず持参してください。
PC、タブレットをお持ちでない方はロープレにご参加できない可能性もございますのでご了承ください。
※ご自身でwifiをご用意ください。スマホをお持ちの方はデザリングがオススメです。

■注意点:遅刻しての参加は他の方の迷惑になりますので、お断りしています。

お申し込みはコチラ

以下のお申込みボタンよりお申込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

当セミナーは、金融業界にお勤めで、業務としてドルコスト平均法の推進に携わられている方のみご参加可能です。一般のお客様やドルコスト平均法の推進に関係ない方のご参加はお断りしていますので、ご了承ください。

オフショア関係・仮想通貨関係・ネットワークビジネスをされている方の参加はお断りします

クレジットカード決済でお申込み

card

定員に達しました。


日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book


NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。

ドルコスト平均法ゲームの様子


何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book