【短期的悲観の解消】「値下がり安心」効果の説明方法

こちらの記事で、多くの投資家が持つ心理「短期的悲観、長期的楽観」について解説しました。

【大前提】多くのお客様が持つ「短期的悲観・長期的楽観」を理解しよう

まず、あなたがするべき事はお客様の短期的悲観=「下がったら怖い」を安心にしてあげる事です。

その為に、「値下がり安心効果」を説明します。

積立投資(積立投資)の特徴① 値下がり安心効果

「投資した商品が値下がりしたら損をする」と思っていませんか?

たしかに、まとまった資金を一度に投資する「一括投資」の場合、投資した商品が値下がりしたら損をします。

しかし、毎月一定金額ずつ投資する「積立投資」(積立投資)の場合、損するとは限りません。

半値になってものケース

 これは架空の投資信託の値動きです。

スタート時の価格は10,000円です。7年後に2,000円まで下落し、10年後に5,000円まで回復しました。

終値はスタート時の半分の値段です。

この投資信託に毎月、1万円ずつ積立投資を続けたらどうなるでしょう?

毎月1万円ずつ投資すると、1年間で12万円の投資金額になります。

10年間の投資金額は合計120万円になります。

上図の様な値動きをする投資信託に毎月1万円ずつ10年間積立投資をした場合、10年後、あなたの投資した120万円はいくらになるでしょうか?

【選択肢】

①約72万円   ②約90万円   ③約139万円

(正解はこの下に続きます)

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

正解は③約139万円です。

なんと、価格が開始時の半分に値下がりしても利益が出ています。

仮に120万円を一度にまとめて投資した場合、10年後は半分の60万円になり、60万円の赤字です。

しかし、積立投資の場合、約19万円の黒字になるのです。

 なぜ、投資信託が下がっても利益がでたのかわかりますか?

その理由を、積立投資の公式で解説します。

【超重要】積立投資の公式とは

積立投資で最も重要なのは、積立投資の公式「投資の成績=量×価格」です。

積立投資の成績は、金融商品を買い込んだ「量」と、それを評価(売却)する時の「価格」の掛け算で決まります。

ただ、初めての方はこの式を見てもよくわからないと思うので、この式を3つのポイントで解説します。

 POINT1:投資の「量」の視点を持つ

ポイント1は、投資の「量」の視点を持つことです。

投資は、私たちが普段スーパーやデパートで買い物をするのと同様、「量」を買う作業です。

例えば、スーパーで1個100円のリンゴがあります。

レジで1万円を支払うと何個の「量」を買えるでしょうか?

答えは「100個」です。

投資もこれと同じです。

仮に価格(株価)が100円の株式があるとします。その株に1万円投資すると何株買えるでしょう?

正解は「100株」です。

株式に投資すると、「株数」が増えます。

投資信託の場合は、「口数」が増えます。

この様に、投資は普段のお買い物と同じように、「量」を買う行為です。

初心者の方は、投資すると「お金がどこかにいってしまった」「よくわからない所に消えてしまった」というイメージを持たれる方が多いです。

しかし、投資は普段の買い物と同じように、しっかりと「量」を買い込んでいることを理解しましょう。

この「量」を買い込んでいるという視点が1つ目のポイントです。

POINT2:毎回買える「量」が変わる

2つ目のポイントは、毎月買える「量」が変化する点です。

これも投資に限らず、普段の買い物と同じです。

上の図をご覧ください。

1ヶ月目、スーパーでリンゴが100円で販売されていて、1万円払うと100個買えました。

2ヶ月目、リンゴが50円に値下がりしました。

この時、1万円支払うとりんごを何個買えるでしょうか?

答えは200個です。

リンゴの価格が半額に下がったので、1ヶ月目の2倍の量を買えました。

価格が下がると買える量が増えるのです。

3ヶ月目、リンゴは200円に値上がりしていました。

この時1万円を支払うと、何個買えるでしょうか?

答えは、50個です。

価格が上がると、買える量は減ります。

これは積立投資でも同じです。

投資信託に積立投資をする場合、投資信託の価格が下がると、多くの量(口数)が買えます。

価格が上がると少ない量(口数)しか買えません。

日常の買物でも投資でも、商品の価格が下がれば多くの量が買え、価格が上がると少ない量しか買えないのです。

この様に、積立投資は毎月購入できる「量」が変わるが2つ目のポイントです。

POINT3:買った「量」を積み上げていく

3つ目のポイントは、毎月買った量を積み上げる点です。

1ヶ月目はリンゴが100円だったので、100個買えました。

2ヶ月目は50円に値下がりしたので、200個買えました。

買った量の合計は300個です(1ヶ月目:100個、2ヶ月目:200個)。

3ヶ月目は200円に値上がりしたので、50個しか買えませんでした。

同様に、買った量の合計は350個です(1ヶ月目:100個、2ヶ月目:200個)、3ヶ月目:50個)。

この様に、積立投資は買った量を積み上げます。

株式に投資する場合は「株数」、投資信託の場合は「口数」を積み上げます。

買った量を”積み立てる”ので「積立投資」と呼ぶのです。

3つ目のポイントは、買い込んだ「量」を積み上げる点です。

投資の成績の考え方

それでは質問です。

今、あなたはリンゴを350個持っています。

そのリンゴを駅前広場で1個200円で販売したら、全部売れました。

この時、あなたはいくらの現金を手にするでしょう?

350個のリンゴを1個200円で売却したので、正解は7万円です。

これが、量×価格の考え方です。

たくさん買い込んだ「量」を積み上げて、最後の「価格」で売却(評価)するのです。

積立投資もこれと同様に考えます。

積立投資は毎月決まった金額を投資していきます。

つまり、毎月、投資信託などの「量」を買い込んでいきます(ポイント1)

投資する投資信託の価格は、毎月変わりますので、買える「量」は変化します。

価格が下がるとたくさんの「量」が買える一方、価格が上がると少ない「量」しか買えません。

毎回買える「量」が変化します(ポイント2)

毎月買い込んだ「量」を積み上げていきます。

前月までに買った分に、その月に買い込んだ量を積み立て、足していきます(ポイント3)

最後に、積み上げた「量」を将来の「価格」で評価(売却)すると、投資の成績が決まります。

投資もリンゴを販売する時と同じように、「量」×「価格」で成績が決まるのです。

積立投資をする時は、この公式「投資の成績=量×価格」が一番大切なので、しっかり理解しておきましょう。

「投資の公式」を理解したら「半値になっても」のグラフを再度確認しよう

積立投資の公式を理解したところで、もう一度、冒頭のクイズを確認しましょう。

この様な値動きをする投資信託に毎月1万円ずつ積立投資をしたら、どうなるでしょうか?

「価格」が下がるに連れて、買える「量」が増えていく様子がイメージできた人は、「量」の視点を持てた証拠です。

7年目の2,000円の時には、スタート時1万円の時に比べて、5倍の量が買えます。

1万円の洋服がバーゲンで2,000円に下がっていたら5着買えるのと同じです。

積立投資の場合、「価格」が下がると多くの「量」が買えるのです。

それでは、今回のケースを投資の公式に当てはめて考えてみましょう。

まず、最後の「価格」はスタート時の半値の5,000円でした。

しかし、下落することで多くの「量」を買えました。

そして、大量に買い込んだ「量」を、5,000円で評価(掛け算)すると約139万円になりました。

これが、積立投資の成績の決まり方です。

積立投資の場合、投資の成績は投資した商品の「価格」だけでは決まりません。

買い込んだ「量」も重要なのです。

量の視点を与える=安心感を与える事

この様に、「量」の視点を与えれば安心感を与えることが出来ます。

逆を言えば、安心感を与えたければ「量」の視点を与えれば良いのです。

 

  • 6:38:値下がり安心効果
  • 7:35:りんごプレゼン

動画でも解説していますのでご覧ください。

お客様の不安を安心に変えてあげましょう!