【自主開催】【長野2/28】 倉島流じぶん年金ゲーム かんたん活用法セミナー! 自分もお客様もワクワクしながらドルコストを提案する方法

人気講師の倉島さんが長野でゲームの使い方セミナーを自主開催します。倉島さんは銀行から度々講師として呼ばれる人気講師です。倉島さんが現場で実践している自分もお客様もワクワク楽しみながらドルコストを説明できるゲームの使い方を直接学べるチャンスです。北信越地区の皆様のご参加をお待ちしています。

【自主開催】【長野2/28】倉島流じぶん年金ゲーム 簡単活用法セミナー! 自分もお客様もワクワクしながらドルコストを提案する方法

IMG_0705

講師紹介

株式会社ヴィプランニング 代表取締役 倉島 幹生

ファイナンシャルプランナー / IFA

kurashimasan

プロフィール

 大手証券会社出身。証券会社時代にファイナンシャルプランナー資格を取得。

 その後、大手保険会社の勤務を経験し、30歳のときに独立系ファイナンシャルプランナーとして独立開業。

 独立後、当時では珍しかった保険ショップを自ら立ち上げ、家計見直しや資産形成の相談業務に15年以上携わっている。

これまでの個別相談世帯数は2000世帯を超える。 

証券会社出身であるにも関わらず、投資信託や変額保険等の運用商品に苦手意識があり、資産形成のアドバイスは定額保険を活用した提案ばかりだったが、「本当にお客様のためになるアドバイスをするために、運用のリスクから逃げていてはプロではない」と意を決して、資産運用に世界に再び目を向ける。

 IFAとして証券会社に登録し、その後、星野氏と出会い「星野式ドルコスト説明法」に衝撃を受け、「じぶん年金ゲーム」ユーザーとなる。

「じぶん年金ゲーム」のユーザーとなってからは、相談の現場やセミナー等でフル活用し、多くのお客様に日々、ドルコスト平均法を伝える毎日。最近では大手銀行などでも度々セミナー講師として招かれている。

講師からのコメント

星野さんがセミナーでよく使う「誤解」という言葉。

私こそがその「誤解」の塊だったかもしれません。

証券会社在籍時は、ITバブル全盛期。もちろんその後の下落も経験し、そのせいか「下がったら損をする」どころではなく「株式投資は損をする」くらいの大きな誤解をしていました。

そんな私の誤解は「星野式ドルコスト説明法」で解かれ、「じぶん年金ゲーム」によって、多くのお客様にシンプルにわかりやすく、楽しく伝えることができています。

金融業界に身を置く私たちは、正しい知識を持って、それをわかりやすく伝える責任があります。

そしてそれが実現できると、お客様だけでなく伝える側の私たちも幸せになれます。

ぜひ、皆さんも楽しみながらドルコストを伝えて行きましょう!

セミナーの内容

第1部:じぶん年金ゲームの型をマスターしよう

・じぶん年金ゲームを使う前の準備

・基本プレゼンの実践

・基本プレゼンの解説

・基本プレゼンのロープレ

・ランダムゲームの活用法

第2部:倉島流じぶん年金ゲーム活用法

・ゲームを活用して見込み客を開拓する方法

・ゲームを活用すると成約スピードが上がる理由

・ゲームを活用して、単価が上がる理由

・コストばかり気にするお客様への説明方法

・アフターフォローへのゲーム活用方法

開催概要について

IMG_0252

■セミナー日時

2019年2月28日(木曜日) 長野会場(講師:倉島) 14:00~16:00(開場13:30)

■参加費

会員の方:3,240円(税込)

非会員の方:5,400円(税込)

お支払い方法は当日会場にて、現金払いのみとなります。

■参加特典

セミナー参加後、3日以内はドルコスト平均法ゲーム(じぶん年金ゲーム)の初期登録料1万円が無料になります。

(ゲームの月額利用料は5,400円かかります。また、法人などで複数でご利用の場合は別途お問い合わせください。)

お申し込みはコチラ

参加費のお支払いは当日会場にて、現金払いをお願い致します。

当セミナーは、金融業界にお勤めで、業務としてドルコスト平均法の推進に携わられている方のみご参加可能です。一般のお客様やドルコスト平均法の推進に関係ない方のご参加はお断りしていますので、ご了承ください。
オフショア関係・仮想通貨関係・ネットワークビジネスをされている方の参加はお断りします

日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book


NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。

ドルコスト平均法ゲームの様子


何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book