【東京/オンライン12月追加】大企業にも次々決まる「田中式DC提案法」を習得!第1回 DCスペシャリスト養成講座を開催します!

DCスペシャリスト養成講座の申し込みには、ドルコスト平均法協会とDC教育協会の入会が必須です。

ドルコスト平均法協会の会員の方は、当ページからDCスペシャリスト養成講座に申し込みいただくと、DC教育協会の入会も完了します。

まだドルコスト平均法協会の会員でない方は、まずこちらからドルコスト平均法協会の会員登録手続きをお願いします。

DCスペシャリスト養成講座の各会場の残席です。

  • オンライン参加:12月14,15日追加開催 (定員50席)

次の様な悩みはありませんか?

  • 保険のコミッションに左右されない安定収益が欲しい・・・
  • 保険募集の片手間で、少しずつ取り組みながら安定収益を積み上げたい・・・
  • 選択制DCに興味があるけど、企業経営者の知り合いはそんなにいないし、自分には難しいと思う・・・
  • 保険の個別相談が自然に入る仕組みが作りたい・・・
  • 退職金やまとまった資金の運用相談が自然に入る仕組みが欲しい・・・

上記の様な悩みを抱えている方は、選択制DCを提案することをお勧めします。

選択制DCは「保険以外の安定収益」を生み出し、かつ自然に保険相談やIFA相談が生まれる仕組みです。

「選択制DC」について、日本トップクラスの実績の持ち主の一般社団法人DC教育協会の専務理事の田中大生様に講師として登壇いただきます。

2019年末時点なので3年ほど前のデータになりますが、田中様の実績は以下の通りです。(DCの継続教育のみの会社も含む)

田中様は最近だけでも、450名・330名規模の企業に続々とDC導入を決められています。

田中式DC提案法は「型」になっているので、誰でも習得できます。

田中式DC提案法の型をマスターすることで、数十名から数百名規模の企業まで、DCを導入できます。

保険募集人が選択制DCを提案する6つのメリットとは?

保険募集人が選択制DCを提案する6つのメリットがあります。

1つ目は保険以外の安定収益が作れる点です。DCは一度導入すれば、保険の手数料に左右されない継続的な安定収益になります。

2点目は保険の個別相談につながる点です。新規の見込客を追いかける必要がなく、継続教育をしていくことで保険の個別相談に自然に繋がります。

3点目はまとまった資金の運用相談にもつながる点です。IFAをされてる方などは、退職金の受け取りの相談にも繋げやすいです。

4点目は、保険の営業担当ではなく、会社が導入する制度の担当者という立場で見てもらえるので、パーソナルブランディングにもなる点です。

5点目は、DCの幅広い知識が身に付く点です。DCやイデコが広がる中、DCの知識は現場で不可欠になります。

6点目は、導入企業の法人保険も取れる点です。実際、田中様も何社も法人保険に繋げています。

【講師】田中大生プロフィール

  • (社)DC教育協会 専務理事
  • 企業年金管理士

田中様のすごい所1:全くの知り合い0からでも40社導入してる!

選択制DCを田中様から学んだ方が良い理由を解説します。

1点目は、全くの知り合い0からスタートして、40社も導入してる点です。

田中様は、現在もそうですが生保の募集人です。損保で法人を多数扱っていた訳ではありません。

現在は奥様の地元の富山県に住まれていますが、元々は東京出身で富山在住8年目で、完全に知り合い0からのスタートでした。もちろん、法人顧客も0件です。

当初は保険募集9割、選択制DC1割程度の時間配分で、少しずつ試行錯誤しながら導入していました。

途中、数年前に血液のガンという大病を患い、1年半ほど休業されていた時期もありました。

病院で療養中の田中さん

復帰してからも試行錯誤を繰り返しながら、紹介でコツコツと地道にDCを広げて、DC活動5年間で約40社にDCを導入しました。

一部、スタッフにサポートをしてもらう事もありますが、基本的には1人で推進されています。

それに加え、10社の継続教育サポートを担当されているので、合計50社・加入者2000名のDCのサポートを行われています。

(最近、さらに450名・330名を決めたのでさらに増えます。)

現在は、DC加入者の方々に継続的にマネーセミナーを行い、そこから毎月の様に自然に個別相談が発生しています。

現在はDCからの安定収益が中心で、保険募集のプレッシャーやストレスと無縁で、正しく楽しくドルコストを広げられています。

田中様のすごい所2:加入者平均が30名以上!

2つ目の理由は企業の規模です。

田中様のDC導入企業の平均加入者数は30名を超えています。

*一般的なDCは上場企業など大企業にも広がっているので、DC全体の加入者平均はかなり大きな数値になります。ここで述べているのは、中小企業向けの選択制DCが対象です。

ただ、田中様は少人数だけでなく、数十人規模の企業にもコンスタントに導入できているのがすごいのです。

加入者が大きくなった方が安定収益の金額が上がります。

また、加入者が多い方が保険や資産運用などの個別相談の件数も増えます。

田中様は小規模企業ばかりではなく、数十名規模の企業にもコンスタントに選択制DCを導入できている日本で数少ない実績の持ち主です。

どの分野でもそうですが、自分が目指すスタイルで実績を出しているトッププレーヤーから直接学ぶことで、余計な労力をかけずに、最短で成功モデルに近づくことが可能です。

田中様のすごい所3:再現性が高い点「僕のやり方はホント誰でもできると思います」

3点目は、田中様の方法は再現性が高い点です。

田中さんのコメントを紹介します。

「僕のやり方はホント誰でもできると思います」

実際に、弊社の事務の女性メンバーに提案に行ってもらっても決まります。

提案の「型」順番に使う資料などが整備されているので、その通りに使うだけですので。」

田中さんご自身だけでなく、事務メンバーの女性に教えても提案が決まるそうです。

理由は「田中式のDC提案の型」があるからです。

田中式は、話法・プレゼンの型だけでなく、提案時にそのまま使える資料を基本パターンだけでなく、かなり細かいパターンまで数百種類整備されています。これらは全て田中様が現場での実践を通じて作り上げたものです。

これらの資料を活用し、提案の型をマスターすれば、保険募集の片手間でも簡単に、ストレスなく、余計な無駄足を大幅にショートカットして、選択制DCを推進ことができるのです。

先ほども言いましたが、東京生まれの田中様は全く無縁の富山で、わずか8年前から生保の営業をしています。知り合い0人、法人顧客も0件からスタートしています。

最初は保険募集の片手間でスタートしています。

住んでいる場所は、東京や大阪などの大都市圏ではありません。富山県です。

東京・大阪・名古屋・福岡の様な大都市圏ではありません。

どちらかというと、日本でも人口が少ないエリアになります。

富山県でこの様な実績が残せるということは、他の同規模の地方でも同様に再現できる事を意味します。

もし、あなたが今お住まいの地域に8年以上住んでいたら、田中様より知り合いも多いでしょう。

もし、あなたが富山県よりも企業が多いエリアに住んでいたら、選択制DCを勧めている人はまだ少ないので、紹介も得やすいでしょう。

もし、あなたが損保などをされていて、法人の顧客基盤がある方なら、田中様よりはるかに簡単に広げられるでしょう。

田中式のDC推進方法は、これから選択制DCを始める人が非常に取り組みやすい「再現性が高い」方法なのです。

田中式DC提案法で全員加入と紹介件数を増やし、効率よくDC加入者を増やそう!

田中式で、全員加入プレゼンでDC加入者を増やし、そして税理士/社労士との協業で、紹介を広げて導入件数を増やしましょう。

加入者が増えることで、より安定的に保険や資産運用の相談も発生します。

田中式DC提案法をマスターしましょう!

DCスペシャリスト養成講座を受講後、DCパートナーにアドバイザー登録すれば、税理士、社労士などDC教育協会の士業会員との共同募集も非常に簡単です。

全員加入と紹介戦略で、効率よく効果的にDC加入者を増やしましょう!

講師:田中大生様からのメッセージ

みなさん、はじめましてこんにちは。(株)提案室の田中大生(ひろき)と申します。

私の理想は、朝出勤してPCを開いたら『勝手に個別相談が入っていて見込客に困らない』、日々の数字を気にせずに『お客様ファーストでじっくりと向き合える』この2点です。

この2つを解決する為に、数字に左右されない〝安定的な収益〟と、営業しない(したくないので笑)向こうから〝勝手に個別相談が入る仕組み作り〟を行っています。

毎月の〆が終わったら…どんなに今月売れてても来月また0円からのスタート…

わかってはいるのですが…

「何か方法がないものか?」「ずっと将来も同じように働くのだろうか?」…

お客様にライフプラン(将来の夢の実現)の話をしている私たち自身が…

帰りも遅く、土日も休みがなく、家族との時間が取れないなんて…

説得力がなくてダメだと思ったからです。

お客様の将来設計を一緒に考えている私達自身が、家族との時間を大事にして『自分の働きたいように自分のペースで働いています』とお客様に伝えられることが大切だと思っているからです。

また、DC導入企業の事業主様は、投資のプロを育てたい訳ではなく「この会社で長く頑張って社員として働いてもらいたい」と思っています。

DCは将来のお金の話ですので、将来設計を加入者に寄り添って考えられるサポート担当者(=保険募集人やIFAなど)が、DC以外の話も一緒にしてあげることがBESTであり、企業への導入プレゼンの最適者だと思っています。

最後に、私は日々現場で培った経験を基に新しい方法を今も試行錯誤しています。

私達と共に、DCを広めていく仲間へのサポートとして、実際に現場で使用している作成資料(数百種類あります笑)も、加工できるデータで全て提供も考えています。

私はDC導入がゴールではなく〝導入した企業への運営サポートをみなさんと一緒に考えて、作り上げて行けたら〟と思っています。

一緒に作り上げて頂けるみなさんとお会いできるのを楽しみにしております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

星野からのコメント

田中様はもともと保険募集の片手間で選択制DCの導入をスタートしました。

当初は保険募集9割、選択制DC1割程度の時間配分でした。

それでも、活動期間実質5年間で選択制DCの導入が約40社になり、DCからの安定収益がメインで、保険の手数料に左右されない収益体制になりました。

今では、DCから出てくる個別相談はチームのメンバーに任せて、田中さん自身は選択制DCが活動の中心になっています。

最近も450名・330名と、大規模企業にも次々DC導入を決めている田中様から、田中式DC提案法を学び、1社でも多く選択制DCを導入していきましょう!

講座内容例

【1】全体の流れ(考え方とタイプ別AP)

・制度提案~導入決定までの2パターン

・タイプ別(選択制・A+B・全損)アプローチ

・制度設計の考え方と伝え方(加入対象者と制度設計)

・どの商品プランで提案するか?(全国4タイプ)

【2】初訪プレゼン

・制度プレゼン①:導入メリット①(費用対効果の伝え方)

・制度プレゼン②:導入メリット②(導入効果の伝え方)

・制度プレゼン③:継続教育の必要性(運営サポートの必要性)

・制度プレゼン④:導入後のサポートの効果(運営サポートの効果)

・A+Bプレゼン:A(基本給付金)の退職金コンサルティング

・給与明細変更『給与変更についてパーフェクトガイド』活用※

・運営コストプレゼン※注

・初訪プレゼンのゴール(=事前費用対効果集計)

【3】事前集計

・費用対効果の集計方法と流れ

・費用対効果報告プレゼン

・事前集計のゴール(=社員説明会)

【4】社員説明会

・内容打合せのポイント(案内チラシと時間設定)

・「初回説明会」スライドとアンケート

・アンケート集計(ソフト+ハード)方法と流れ

・説明会アンケート集計報告プレゼン

・社員説明会のゴール(=導入決定)

【5】導入決定後の流れ

・導入決定お伝えレター(今後の定期的フォローの布石)

・加入対象者と設計の確認(ヒアリングシート記入)

・導入実務窓口への引継ぎ

【6】マーケット開拓

・3者から紹介をもらう

・社労士、税理士には100%会ってプレゼンする

【7】イレギュラー導入対応

・すでに導入済企業へのプレゼン①(→選択制への入替提案)

・すでに導入済企業へのプレゼン②(→運営サポート(継続教育)への提案)

・中退共などからの脱退・移換・減額のプレゼン

【8】制度スタート説明会

・案内チラシと時間設定

・「制度スタート説明会」スライドとアンケートQR集計(※集計後は→導入実務担当者へ)

*プログラムは変更になる場合もありますので、ご了承ください。

DCスペシャリスト養成講座が受講完了するとDCスペシャリストとして認定されます

DCスペシャリスト養成講座の受講が完了すると、DC教育協会認定DCスペシャリストになります。

DCスペシャリストは、自分のページを持て、セミナーなどで簡単にクチコミを集めることもできます。

田中様のDCスペシャリスト紹介ページ

マネーセミナーやDCの継続教育などで、参加者から評価を集めて信頼を可視化しましょう!

DC教育協会に入会するメリット

DC教育協会に入会するメリットは以下の通りです。

・DCスペシャリストとして認定 (要DCスペシャリスト養成講座受講)

・毎月の定例会に参加して、情報交換できる

・DC教育協会認定講師を目指せる

・DCパートナーにアドバイザー登録できる (要DCスペシャリスト資格)

・DC教育協会の会員限定コンテンツの視聴/閲覧

講座概要

■日時:

第1回 オンライン開催:20211026()27() 10:00-17:00 *開催終了

第1回 東京開催: 20211116()17() 10:00-17:00 *開催終了 (定員35席)

第1回 大阪開催: 20211124()25() 10:00-17:00 *開催終了 (定員35席)

第1回東京会場(10/26,27)、第1回大阪会場(11/24,25)に申込の方は、第1回オンライン開催(10/26,27)にも参加可能です。コロナの状況でオンライン参加に切替も可能です。リアル開催の配信はございませんのでご注意ください。

<追加開催分について>

new! 第2回 東京開催: 2021年12月2(木)、3(金) 10:00-17:00 *開催終了(定員35席)

new! 第2回 オンライン開催:2021年12月14(火)、15(水) 10:00-17:00 *定員50席

今回も第1回と同様、東京会場に申込の方は、12/14-15のオンライン開催にもご参加いただけます。コロナ感染が増加し、リアルでの参加に不安が出た方は、12/14-15に振替てご参加いただけます。リアル開催の配信はございませんのでご注意ください。

(1) ドルコスト平均法協会の会員の方で、DCスペシャリスト養成講座に参加したい方

ドルコスト平均法協会の会員の方は、以下のボタンからお申し込みください。

DCスペシャリスト養成講座の参加には、DC教育協会の会員登録が必要です。

DC教育協会にまだご入会いただいていない方は、DCスペシャリスト養成講座の申し込みと同時に、DC教育協会の入会が完了します。

DCスペシャリスト養成講座33,000

DC教育協会会費:無料

合計:33,000円

お申し込みはこちらからどうぞ!

 

(2) ドルコスト平均法協会の会員でない方で、DCスペシャリスト養成講座に参加したい方

ドルコスト平均法協会の会員でない方は、ドルコスト平均法協会の会員登録が事前に必須です。

まず、こちらからドルコスト平均法協会の入会手続きをお済ませください。

 

(3) 講座は受講せず、DC教育協会の入会のみ希望の方はこちら

DCスペシャリスト養成講座には参加せず、DC教育協会の入会をご希望の方はこちらからどうぞ!

ドルコスト平均法協会の会員でない方は、ドルコスト平均法協会の会員登録が事前に必須です。

・年会費:無料

ドルコスト平均法協会の入会ページはこちら

 


日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book