【更新】「ドルコスト勉強会」の開催サポートについて

【1】「ドルコスト勉強会」を開催して、質の高いドルコストの伝道師を増やそう!

seminarleiter mit seinem team

「職場の仲間がドルコスト平均法を誤解してるので、勉強会をしました!」

「職場の同僚が、ドルコスト平均法を平均買付単価で説明してるので、勉強会を開催しました!」

「仕事仲間にドルコスト平均法の特徴や面白さを教えてあげたいので、今度講師として話します!」

最近、上記の様な「ドルコスト勉強会」の開催連絡やご報告を、多数頂くようになりました。

ドルコスト社会の実現には、まだまだドルコスト平均法の伝道師が圧倒的に不足しています。

仮にドルコスト平均法を話していたとしても、「平均買付単価が下がる・・・」など間違った説明をしている事がほとんどです。

hyoushi_matigaidarake

ドルコストの伝道師が1人増えると、数十・数百・数千の世帯にドルコストが広がる

Social Network Interface

質と志の高いドルコストの伝道師が1人増えると、数十から数百のご家庭にドルコストが広がり、それだけ将来お金で困る人を減らすことになります。

さらに、その伝道師が「ドルコスト社会の実現」に共鳴し、自らドルコスト勉強会を開いてドルコストの伝道師を増やせば、レバレッジがかかり、さらに数百から数千の世帯にドルコストが広がります。

この様に、質と志の高いドルコストの伝道師の育成に繋がるドルコスト勉強会は、レバレッジをかけて世の中にドルコストを広めていく、非常に社会的に価値がある行為です。

当協会の理念であるドルコスト社会の実現の為に、自発的に「ドルコスト勉強会」を継続的に開催し(あるいは依頼されてドルコスト勉強会の講師としてお話して)、質と志の高いドルコストの伝道師を育成しましょう。 

ドルコスト平均法協会も、会員の皆様の自発的な活動をサポートする為に、以下の取り組みをします。

【2】「ドルコスト勉強会」のパターンについて

よくあるドルコスト勉強会のパターンは以下の通りです。

(1) 「ドルコスト平均法」勉強会:座学編

→平均買付単価ではなく「投資の成績=量×価格」でドルコスト平均法を同僚・同僚者に教える勉強会。

ゲームを利用している人は、高木さんプレゼンで、「量」の視点をしっかり伝えると◎。

半値グラフや、「量」の3ステップのロープレなども効果的。

(2)「じぶん年金ゲーム」のロープレをする勉強会:ロープレ主体

→座学だけでなく、ゲームの高木さんを実際にロープレしてもらう。

ゲームのロープレをする際は、事前に事務局に連絡いただけばサンプルアカウントをご用意します。(勉強会後3日ほど使えます)

サンプルアカウントをご希望の場合は、勉強会の開催フォームから、必要サンプル数をご入力ください。

【3】「ドルコスト勉強会」の開催サポートについて

ドルコスト勉強会の開催前に、当ページ最下部にあるフォームより、ドルコスト勉強会の開催日時、参加予定人数などを入力いただいた場合、開催前に①協会パンフレットなどの資料送付②開催後に3つのキャンペーン適応③ドルコスト・スタンドを謹呈します。

3-1.【開催前】ドルコスト平均法協会のパンフレットや、ドルコストえびせんの無料送付

kyoukaiannai   gamemanual

ドルコスト平均法協会のパンフレットや、じぶん年金ゲームマニュアル(必要な場合)を、指定送付場所にお送りします。

必要部数や送付場所などを、以下のフォームよりご入力ください。

また、参加人数分のドルコストえびせんもお送りします。

お茶菓子にご利用ください。

3-2【開催後】3つのキャンペーン・サポート

①.ドルコスト平均法協会の入会費無料キャンペーン

normal

ドルコスト勉強会に参加して、「私もドルコスト平均法協会に入会したい!」という方がいた場合、開催翌日から3日間に限り、ドルコスト平均法協会の入会費5,400円が無料になります。

②.じぶん年金ゲームの初期費用無料キャンペーン

0308_2game

ドルコスト勉強会で、じぶん年金ゲームを活用いただき、「私もじぶん年金ゲームを使いたい!」という方がいた場合、開催翌日から3日間に限り、じぶん年金ゲームの初期登録料1万円が無料になります。

また、法人契約で、複数名で導入したい場合は別途ご連絡ください。法人契約の場合、人数に応じて割引があります。

③.ドルコスト小冊子の割引購入キャンペーン

sasshihyoushirenew

通常、会員しか購入できないドルコスト小冊子を、開催翌日から3日間に限り、会員以外の方も割引価格で購入いただけます。

syousasshikakaku

小冊子は累計13万部を突破しました。

ドルコストを伝えるのに非常に便利なので、ご活用ください。

④. キャンペーン結果のご報告

開催翌日から3日間のキャンペーンが終了後、キャンペーンの結果をご報告します。

仮登録された方や、ゲームに申し込まれた方などの状況を共有します。

【4】ドルコスト・スタンドの謹呈

paneruimage

当ページのフォームより事前にご報告頂き、ドルコスト勉強会を開催された方(あるいは、ドルコスト勉強会の講師としてお話された方)に、ドルコスト・スタンドを謹呈します。

ドルコストを伝えている二宮金次郎をモチーフにした名刺サイズ程度の机に置けるスタンドです。

ドルコスト勉強会を開催し(講師として話し)、質と志の高いドルコストの伝道師を育成した証として、ドルコストスタンドをお送りします。

ドルコスト・スタンドは、開催の都度お送りします。ドルコスト・スタンドが増えた分だけ、質と志の高いドルコストの伝道師の育成に貢献したことになります。

将来、お金で困る人を1人でも減らす為に、ドルコストの伝道師を増やしましょう!

【5】ドルコスト勉強会開催からキャンペーンまでの流れについて

ビジネスイメージ―スタートライン

ドルコスト勉強会の開催から、キャンペーンまでの流れを解説します。

(1) ドルコスト勉強会を企画する

まず、ドルコスト勉強会を企画します。

仲間や会社にドルコスト勉強会の講師を依頼されるケースもあります。

(2) ドルコスト勉強会の開催予定を報告をする

ページ最下部にあるフォームより、ドルコスト勉強会の開催予定を報告ください。

フォームに、必要資料や必要部数、送付先を入力ください。資料などをお送りします。

(3) ドルコスト勉強会を開催する

ドルコスト勉強会で、ドルコストを誤解している仲間や同僚に、ドルコストの特徴や魅力・リスクをしっかり説明してください。

また、「平均買付単価」ではなく、星野式ドルコスト説明法「投資の成績=量×価格」で説明する方法を教えてください。

参加者に、ドルコスト協会から送付した資料をお配りください。

(4) ドルコスト協会に興味ある人の「名刺」を受け取り、写メを送る

ビジネスイメージと複数のカード

ドルコスト勉強会のキャンペーンは、勉強会ごとに個別のキャンペーンページを作成します。

講師の方は、勉強会の最後に「ドルコスト協会に興味ある方は、ドルコスト協会からキャンペーンページのURLをメールで送ります。キャンペーンページのメールを送って欲しい方は、名刺をお渡しください」と伝えてください。

そして、勉強会後に受け取った名刺の写真をスマホ等で取り、ドルコスト協会の事務局までメールでお送りください。

ドルコスト事務局メール support☆dca23.com

(迷惑メール対策に、@を☆にしています)

参加者の方に、キャンペーンページのURLを紙やホワイトボードに書いて教えても良いのですが、これまでの経験上、URLを上手く打ち込めない人が多い(検索ボックスに入れたりする人が多いです)です。

メールで直接URLを送るのが一番確度が高いのと、講師の方にURLを参加者の皆様に送っていただくのも大変なので、この様な流れにしています。

講師の方はお手数をおかけしますが、ドルコスト協会に興味がある方の名刺の写真を、勉強会の翌日の午前中までに、ドルコスト事務局までお送りください。

(名刺がない場合で、同僚などでメールアドレスなどが解る場合は、苗字とメールアドレスだけドルコスト事務局に教えて頂いても大丈夫です。)

(5) ドルコスト協会から、お送り頂いた名刺のメールアドレスにキャンペーンページのURLを送る

お送りいただいた写真に記載されているメールアドレス宛に、キャンペーン内容とキャンペーンページのURLが記載されているメールをお送りします。

(6) ドルコスト勉強会の翌日から3日間キャンペーンを開催

ドルコスト勉強会のキャンペーンは、ドルコスト勉強会の翌日から3日間行います。

(例:月曜日に勉強会を開催した場合、キャンペーンは火・水・木になります。)

講師の方は、ドルコスト勉強会の翌日午前中に、写真をメールでお送りください。

(7) キャンペーンの結果を報告&ドルコストスタンドを郵送

キャンペーン終了後、キャンペーン結果をご報告します。

また、ドルコストスタンドを郵送します。

【6】プロ向けの勉強会は、講師が一番成長する

SUCCESS

同僚・同業者の方などのプロ向けの勉強会は、講師が一番成長します。

教える人が教えられる人より成長するのは、世の常です。

プロ向けに話す場合、普段お客様に話している内容を体系的にわかりやすく説明しなければいけません。

・なぜ、量の3ステップで説明する必要があるのか

・なぜ、平均買付単価ではダメなのか

・なぜ、ドルコスト平均法はシーソーの関係なのか

プロ向けに話す訳ですから、ドルコスト説明の重要なポイントについて、正しい理解が必要になります。

また、勉強会の資料の構成を考えるのも労力がかかります。

どう伝えれば同僚の方々が最も納得するかを考え、何回も構成を練り直します。

そのプロセスで、「ドルコストを説明する」という事を多角的により客観的に見つめ直すことになり、より洗練されたドルコストの説明力がつくのです。

また、顔を知ってる仲間や同僚がわざわざ時間を割いて話を聞いてくれるので、「いい加減な説明はできない!」と、普段お客様に説明するのとは違う新しい緊張感もあります。

そして、同僚や仲間が「これは知らなかった!良いことを教えてくれて、ありがとう!」と感謝されたら、非常に嬉しくなります。

実際、すでにドルコスト勉強会を繰り返し行なっている会員の方から、その様な声を多数いただいてます。

そうなれば、さらにドルコストを広めるやりがいも感じますし、自信も深まり、使命感も強くなります。

価値を与える人は、結果として最も価値を与えられるのです。

プロ向けの勉強会は、講師が最も成長する機会です。

同僚のため、その先のお客様のため、そして自分自身の為に、ドルコスト勉強会を積極的に開催しましょう。

ドルコスト勉強会の開催予定の報告はこちらから

こちらのフォームより、ドルコスト勉強会の開催予定の報告をお待ちしています。

お客様だけでなく、多くの同業者がドルコストを誤解してます。

その誤解をといて、1人でも多くの質と志の高いドルコストの伝道師を育成し、ドルコスト社会を実現しましょう!


日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book


NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。

ドルコスト平均法ゲームの様子


何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book