【3月】札幌ドルコスト実践会に参加しました!

今回は札幌の第1回ドルコスト実践会に参加しました。

会場はアクサ生命の会議室をお借りしました。

ご協力ありがとうございました。

札幌はRKコンサルティングの林みどりさんが発起人です。

東京のセミナーに参加された時、「札幌でも実践会やってみたいです!」と声をかけて頂きました。

今回は13名参加されました。

最初に小林さんが実践会の趣旨を説明します。

次にチームで名刺交換をして、1人30秒で自己紹介タイムです。

次に1ヶ月間の活動報告です。

1ヶ月間を振り返り、成功体験・失敗体験・成果などをシェアします。

DCを導入が決まりそうな人、ご家族を紹介頂いた人、職域でドルコストのセミナーした人、顧客向けセミナーをした人など、各自の行動を振り返り、シェアします。

そしてメインの「なぜ株式は成長が期待できるのか?」のテーマで1人3分のシェアタイムです。

3月は他の会場は「なんで物価は上がるの?」が共通テーマですが、札幌は初回だったので、話しやすい2月のテーマ「世界経済の成長力」にしました。

いよいよシェアタイムのスタートです。

紙に書いて説明する人、パンフレットを使う人、セミナー資料を使う人、口頭で例え話を交えながら説明する人… スタイルは様々です。

佐藤さんは、お客様によく見せているAmazon goのyou tubeの動画を見せていました。

初めて見たメンバーは「何コレ!スゴイ!」と盛り上がっていました。

スマホで簡単にYoutubeを見せられるのは、本当に便利だなと改めて感じました。

1人3分のシェアを2回行い、笑い声や驚きの声も上がり、盛り上がりました。

その後、「何のために、ドルコストを伝えるのか?」を1人1分でシェアします。

このシェアはドルコスト実践会の理念の部分で、非常に重要なので毎回行います。

最後に「今日の実践会で得たこと・学んだこと」をシェアします。

みなさん、充実した表情で、シェアします。

最後に、札幌の主幹事の林さんからコメントをいただきました。

札幌のドルコスト実践会ですが、林さん以外に石田さんと高橋さんが幹事に立候補頂きました。

幹事は複数名いると、運営が楽になります。

札幌は3名の幹事で4月から本格スタートです!

札幌のドルコスト実践会は原則第3木曜日16時からです。

次回は4/25の16:00-18:00で、会場は今回と同様、アクサ生命の会議室をお借りします。

北海道の皆さん、北の大地からドルコスト旋風を盛り上げていきましょう!

札幌ドルコスト実践会のアンケート

参加者のアンケートも紹介しますのでご覧下さいませ。

皆さん、充実した時間を過ごした事が伝わります。

チームのメンバーは4-6人がオススメ

札幌実践会で、1つ反省点があります。

それはチームの人数です。

小林さんを入れて14名だったので、最初1チーム7人で行いました。

3人3人か向かい合って1人誕生席になり、少しメンバー同士の物理的な距離感が開いてしましました。

するとアットホーム感が弱まり、少し固い雰囲気になってしまいます。

途中から4人、4人、5人のチームになりよりアットホーム感が出ました。

6人まではこれまで何度も行なってますが、問題ありません。

4,5,6人のチームで行うのがオススメです。

また、会場が狭い場合は小さいテーブルを置いてイスで囲んでもOKです。

その方がメンバーの距離感も近くなり、会場が温まりやすいです。

今後の実践会の参考にしてみてください。

実践会のルールについて

これまで、実践会を全国で何回か参加しました。

そして各会場で「あまり好ましくない事例」がありました。

実戦会をより実りのある会にする為にルールを定めます。

それは「実践会の禁止ワード」です。

・まだまだ全然わからないんです…

・たた連れてこられただけなので…

・よく分からず参加しました…

こういうフレーズは禁止にします。

この類の発言をする方は、他の意欲が高いメンバーの迷惑になるので参加しないで下さい。

会社の同僚の方などをお連れして頂くのは嬉しいのですが、モチベーションが高くない方をお連れ頂くのはご遠慮ください。

これらの発言は、自分を守る為の言い訳・逃げの発言です。

自分はいいかも知れませんが、周りの参加者に何のメリットもありません。

むしろ、「そんな人の話を聞きたくない」とモチベーションを下げてしまいます。

せっかくの良い雰囲気が悪くなってしまいます。

実戦会は意欲が高い人が集まる場です。

数より質を重視します。

せっかっく意欲の高い人が時間と労力をかけて集まっているのに、意欲の低い人が「保身」のための発言をして、雰囲気を壊したり、意欲が高い人の足を引っ張るのは迷惑です。

札幌である若い女性の方が参加されました。

彼女は声も大きく堂々と笑顔でシェアされました。

2回目の時も、他のメンバーのロープレを取り入れて、一生懸命シェアしました。

実践会の最後に「今日得られた事・学んだ事」を1人ずつシェアする時、彼女はこう言いました。

「実は私、まだ変額保険を提案した事ないんです笑 けど、今日実践会に参加して実際にロープレしてみて、とっても勉強になりました!他の人のロープレも見れて、すごく良かったです!これから提案していきます!」

とても清々しく、良かったです。

実践会は、実績に関係なくその時に出来る最大限のシェアをする場です。

熱意のある人達は、一生懸命頑張っている人は、優しくサポートしてくれます。

実践会は「ドルコストを広めよう!ドルコストを広める人材を育成して増やそう!」という熱意のある方が集まる場所です。

実績があり実演がうまい人は、自分の経験をシェアして、後進を育成する事でドルコスト社会の実現に貢献します。

実績がまだない人は実践会で周りのメンバーから吸収して1人で頑張るより何倍も早く成長します。

そしてその恩を、自分が得たのと同じ様に次の人に返してあげましょう。

この様に協力し合い、恩を循環させて、質と志の高いドルコストの伝道師を育成し、ドルコスト社会実現に向けて前進するのがドルコスト実践会の使命です。

ドルコスト実践会は、3月中は入会費5400円が無料になります。

あなたのドルコスト実践会の入会をお待ちしています。


日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book


NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。

ドルコスト平均法ゲームの様子


何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book