【実践会】2月の大阪ドルコスト実践会に参加しました【アンケートあり】

ドルコスト実践会は、2018年4月に大阪でスタートして、毎月開催されてきた自主的な勉強会がベースです。

つまり、大阪はドルコスト実践会の発祥の地です。

これまでは10名程度の参加でしたが、今回は小林さんを含めて24名の参加でした。

過去最高の人数です。

今回は初めての試みで3つのグループに分けました。

そして各グループのリーダーを、昨年から実践会に参加しているメンバーの藤井さん・中山さん・小塩さんにお願いしました。

(藤井さん・小塩さんはドルコストジャーナル2月号にインタビューで協力いただきました。)

午後15時に京都の実践会が終わった後、大阪に行く向かう車の中で改善点などを話し合いました。

グループ制でうまく運営できるか、ドキドキしながらいよいよ開催の時間です。

最初に小林さんよりドルコスト実践会の説明を行います。

4月以降は有料の組織として、全国に展開します。

ドルコスト実践会は、数ではなく質を重視します。

単なるセミナーではなく、他の勉強会などでインプットしたり学んだことをアウトプットし実現する場です。

次に、初めての方が多いのでチーム内で自己紹介を行います。

各テーブルのメンバーと名刺交換をして、これまでの変額保険・DC・投信積立などの推進状況などをシェアします。

そして、今回のメインテーマ「なぜ株式は上昇するのか?」の答え方のロープレです。

普段現場でお客様に中長期的に成長が期待できる株式への投資を提案しているアドバイザーがほとんどです。

その時お客様に「なぜ株式は中長期的に成長が期待できるの?」と聞かれたときにどう答えるか。

それをチーム内で時間を区切って1人ずつロープレをしていきます。

ロープレ前に、考え方を整理する時間を数分取ります。

久しぶりさしぶりにロープレをする人も多く、顔がこわばっている人もいます。

会場の緊張感が高まります。

最初は1人5分でロープレします。

普段お客様に使っている資料などを使って説明してOKです。

時間は小林さんが管理するので、全グループ同時に進みます。

グループリーダーが順番を決めていよいよスタートです!

トップバッターの人が一斉にロープレを始めます。

お客様役の人もきちんと聞き役に徹します。

普段お客様にプレゼンしている資料用いて説明する人、保険会社のパンフレットを使って説明する人、ノートに上でいろいろ書く人、スマホを取り出しアプリの画面を見せる人、先日の世界経済のセミナーのエッセンスをまとめて話す人… 人それぞれにプレゼンのやり方が異なります。

うまく説明する人はチームのメンバーから「すごいわかりやすかった!」「その資料写真撮らせてください!」と評価やフィードバックをもらえます。

株式の成長する理由を聞かれているのに、それに答えられない人もたくさんいます。

そういう人は自分自身でもわかっています。

うまく答えられない自分にもどかしさや悔しさを感じて、次こそはうまくやろうと意気込んでいるのがわかります。

うまくロープレができた人もそうでない人も、周りのプロのプレゼンを見ることで多くの気づきや学びを得ることができます。

全員がロープレをしたところで席替えをします。

また新しいメンバーとともにロープレをします。

1回目の反省点を生かして改善するもよし、他のメンバーの話を取り入れて新しい説明にトライするのもありです。

途中で小林さんや私も、参考までにロープレを実践しました。

その内容を取り入れる人もいます。

2回目のセットはより端的にお客様の質問に答えるために1人3分にしました。

短くすることでよりコンパクトに説明の構成を考えなくてはいけません。

脳に汗をかいて必死に考えます。

そして2セット目のロープレスタートです。

多くの参加者が1回目よりもプレゼンの質が上がっていました。

他のメンバーのロープレを見て吸収しながら改善をしています。

小林さんの説明がいいなと思った人はそれをそっくりそのまま真似てロブレします。

どのテーブルも家に熱気の溢れるロープレが行われました。

2セットのロープレが終わった後、今回のドルコスト実践会で学んだことや気づいた事を1人1分でシェアをします。

シェアすることで考えを整理することができます。

たった2時間ですが、かなり濃密な時間になりました。

初めて顔を合わせる他の代理店の人たちと一緒にロープレにトライしました。

各々が実践を通じて学んだこと・気づいたことをシェアして、笑顔になります。

次に1人1分程度で今月の活動予定をシェアします。

自分で発表したことを来月また自分で振り返ることで、反省点や課題が見つかりますまたモチベーションの向上にもつながります。

成功事例や活動報告、活動予定のシェアは毎月行います。

そして、小林さんから次回の実戦会の案内です。

3月のドルコスト実践会のテーマは「なぜ、物価が上がるの?」の答え方です。

最後に私から改めてドルコスト実践会の基本理念を説明しました。

ドルコスト実践会は個人のスキルを高める場でもあります。

しかしそれがドルコスト実戦会の根本的な目的ではありません。

パンフレットを見てもらっても分かる通り、この会の使命は将来お金で困る人を1人でも減らすために、質と志の高いドルコストの伝道師を育成することです。

そしてドルコスト社会の実現に貢献することです。

ドルコスト実践会が全国に広がり、それが活性化する事で、ドルコスト社会の実現が近づきます。

今回の大阪の実戦会で、そのイメージがより具体的になりました。

ドルコスト社会の実現に賛同する方は、実践会に加わってドルコスト社会実現に向けて行動しましょう!

大阪は小林さんがこれまでは中心となって来ましたが、小林さんはドルコスト実践会の発起人の立場で全国の実践会を見る立場になります。

そこで大阪は小塩さんがリーダーになりました。

それを藤井さん、中山さん、平野さんなどのメンバーが幹事としてサポートしていく体制になります。

全国のドルコスト実戦会でも、幹事の方達で力を合わせて運営しましょう。

それがより強い絆を生み、職業観やモチベーションを高め、実績にも繋がります。

これだけドルコストの普及に主体的に全力で取り組む組織は、世界に類を見ません。

ドルコスト実戦会を全国で展開し、質と志の高いドルコスト伝道師のネットワークを築きましょう!

そして将来お金で困る人を1人でも減らし、ドルコスト社会を実現しましょう!

皆さんのご来場をお待ちしています!

【アンケート】大阪ドルコスト実戦会 参加者の声

ドルコスト実戦会の参加をお待ちしています!

あなたも地域のドルコスト仲間と共に成長しませんか?

質と志の高いドルコスト伝道師を育成し、ドルコスト社会作りに貢献しましょう!

あなたのご来場をお待ちしています!

2月・3月のドルコスト実践会のメインテーマ

2月のドルコスト実践会のテーマは「なぜ、株式は成長が期待できるの?」の答え方です。

3月のドルコスト実践会のテーマは「なぜ、物価が上がるの?」の答え方です。

お客様に質問されたとき、あなたはどの様に答えますか?

ドルコスト実践会では、5-6人のグループになり、1人3分間でこの問いに答えます。

普段、現場で使っている資料やツール等を用いて説明してください。

3分間という限られた時間で、わかりやすく説明するのは非常に難しいです。

わかりやすく説明するスキルを実践会で磨けます。

また、他のメンバーの実演を見れるので、新しい気づきや学びがあります。「いいな!」と思えばすぐに吸収して実践できます。

チームを変えて2回行うので、1回目から修正してトライできます。

わかりやすい説明は、全国の実践会メンバーにシェアされます。

あなたなりのプレゼンをシェアして、説明スキルを高めましょう。

仲間のシェアをみて、いいところを吸収しましょう!

そして、質と志の高いドルコストの伝道師の育成に貢献しましょう!

2月・3月のドルコスト実践会のスケジュール

2月・3月のドルコスト実践会のスケジュールは以下の通りです。

会場代が発生する場合は、参加者で割り勘になります。

2月のスケジュール

2月15日(金) 京都:13:00-15:00 終了

2月15日(金) 大阪:17:00-19:00 終了

2月20日(水) 松山:14:00-16:00

2月21日(木) 高松:19:00-21:00

2月27日(水) 東京:9:30-12:00

2月27日(水) 名古屋:16:00-18:00

3月のスケジュール

3月14日(木) 札幌:16:00-18:00

3月15日(金) 京都:13:00-15:00

3月15日(金) 大阪:17:00-19:00

3月19日(火) 横浜:17:00-19:00

3月20日(水)高松:19:00-21:00

3月22日(金)広島:17:00-19:00

3月26日(火) 福岡:16:00-18:00

3月26日(火) 長野:17:00-19:00

3月27日(水) 東京:17:00-19:00

3月28日(木) 名古屋:17:00-19:00

京都:未定 (決まりましたらご案内します)

☆会場については、決まりましたら改めてご連絡します。

オフショアビジネス、仮想通貨関係、ネットワークビジネス関係者の参加はお断りしています。

2月の申し込みはこちら

3月の申し込みはこちら

ドルコスト実戦会を立ち上げよう!

あなたの地域でも、ドルコスト実践会を立ち上げてみませんか?

幹事となり立ち上げると、地域のドルコスト仲間との繋がりも強くなり、さらに仕事が楽しくなります。

ドルコスト実践会の立ち上げは、集客がネックです。

ドルコスト平均法協会も集客を全面的にサポートします。

 特に345月は小林さんが全国を回られるので、実践会立ち上げのチャンスです!

小林さんの研修で実践会立ち上げの告知をしていただき、あなたの立ち上げをサポートします。

実践会の立ち上げに興味がある人は、個別にドルコスト平均法協会の事務局までご連絡ください。

また、3815:00よりオンライン(ZOOM)でドルコスト実践会を立ち上げたい方向けの説明会を行います。

ご連絡と説明会の申し込みをお待ちしています!

みんなで力を合わせて、ドルコスト社会を実現しましょう!

主幹事(幹事)の仕事について

主幹事(幹事)は、地域の実戦会を運営する役割です。

「私の営業実績で幹事なんてできるのかな?」と不安に思われる方もいるかもしれませんが、営業実績などは関係ありません。

(もちろん全く実績がない人は難しいですが、ある程度営業できていれば問題ありません。)

会場の確保や、実戦会の司会、実戦会のサイトで活動報告などをしていただきます。

また、幹事は原則1年任期になります。

主幹事は、年に4回(3ヶ月に1回)開催する主幹事会の参加が必須です。

主幹事会で、各会の活動状況などを報告しあい、情報を共有します。

*主幹事会は、1月・4月・7月・10月(予定)。

*最低でも年に2回は出席。代理は1回までOK

運営報告:幹事(庶務)は、各実践会の翌日中に、実践会サイトで運営報告が必要。

 ドルコスト実践会には、それぞれの会員ページが用意されます。幹事(庶務)は、各実践会の翌日中に実践会ページで活動内容や出席状況などの運営報告をしてください。

 *運営報告はノートの写メなどでOKです。

■ドルコスト実践会の立ち上げに当たって留意事項

・ドルコスト実践会は各都道府県で1つに限るなどの縛りはありません。

ドルコスト実践会 立ち上げ説明会に(オンライン)ついて

日時:2019年 3月8日 15:00〜17:00

講師:ドルコスト実戦会発起人 小林さん

参加にはzoomが必要です。zoomは無料で利用できます。

遅刻しての参加はお断りしています。

ドルコスト平均法協会の会員のみ参加可能です。

日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book


NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。

ドルコスト平均法ゲームの様子


何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book