ドルコスト協会の会員が2,000名を突破しました!

ドルコスト平均法協会の会員2,000名を突破しました。

「ドルコスト社会の実現」を掲げて、2016年2月に会員募集を始めました。

ドルコストを伝える人材は金融業界にほとんどいなかったので、本当に会員が集まるか不安もありました。

繰り返し「質と志の高いドルコストの伝道師」の育成の必要性等ついてコラムやセミナーでメッセージを出し続けました。

会員限定コラムは累計400本以上、執筆しました。

一切広告などは出さずとも、「ドルコスト社会の実現」という理念に賛同いただく仲間からのご紹介で2000名に到達しました。

まだまだ、金融業界でもドルコストを伝える人材は少ないですし、「将来お金で困る人を減らし、ドルコスト社会を実現する」には足りないですが、一つの区切りとして嬉しいです。

ただし、まだまだ絶対数が足りません。

本気で将来お金で困る人を減らすには、まず、ドルコストを教えてあげる必要があります。

ほとんどの人は、ドルコストを知らないからです。

年金2000万円不足問題などで、多少関心は上がりましたが、自分で調べる人もまだまだ少ないです。

質と志の高いドルコストの伝道師を増やし、皆の力で、ドルコストを啓蒙・普及する必要があります。

1人の質と志の高いドルコストの伝道師が増えれば、数十~数百の世帯にドルコストを伝えることができます。

お客様を巡るお金の環境は、今後さらに厳しさを増します。

なかなか収入が増えない中、社会保険料などの負担ばかり増加し、可処分所得は伸びていません。

スクリーンショット 2018-03-10 11.37.36

医療技術の進展で、寿命もさらに伸びます。

その中で、ほぼゼロ金利の預金にしていても、お金は増えません。

また、「量」の視点を持たず、「投資は下がったら損をする」怖いもの・ギャンブルみたいなものと「誤解」している人が大勢います。

ryounositen-1

これは金融業界に責任があります。

これまでほとんどドルコストを推進せず、「量」の視点も説明してこなかったからです。

過去と同じ過ちを繰り返さない為にも、質と志の高いドルコストの伝道師の育成が急務です。

【ドルコストの伝道師が不足している関係記事】

【会員】この1年間で金融機関はドルコストの顧客を●人増やした

【会員】ドルコストと個人保険の圧倒的な差

【会員】「積立投資、3年で倍増」は明るいどころか非常に暗いニュースな理由

また、せっかくドルコストの説明をしていたとしても、「平均買付単価が下がる」などの質の低い説明が定着しています。

【会員】ドルコスト平均法の説明に「平均買付単価」を用いるべきでない7つの理由

ドルコスト平均法協会は、2,000名は単なる通過点として、さらなるドルコストの伝道師の育成に全力を注ぎます。

将来お金で苦しむ人を1人でも減らすために、ドルコストを伝えましょう。

そして、ドルコスト社会の実現に向けて、質の高いドルコストの伝道師を増やしましょう。

私たちと一緒にドルコストを伝えて、ドルコスト社会を実現したい方のご入会をお待ちしています。


日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book


ドルコスト平均法ゲームの様子


何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book