ドルコスト平均法検定

head

ドルコスト平均法のプロのアドバイザーになりたい方へ

今後、本格的な高齢化が進む中、今まで以上に自助努力の資産作りが必要になります。

ドルコスト平均法は、最も多くの人が取り組みやすい資産作りの方法です。

お客様が、ドルコスト平均法を安心して始め、安心して続け、将来の安心を作るために、提案だけでなく、フォロー(リバランス)や出口戦略まで含めてトータルにアドバイスをできる人材が必要です。

しかし、従来の「平均買付単価」「複利効果」というキーワードを軸にした説明では、本当のドルコスト平均法の特徴を伝えられません。

その結果、相場下落時にお客様が不安になり、解約や停止してしまい、お客様にもアドバイザーにとっても好ましくない結果を招きます。

また、従来の説明では「商品の成績が悪いことのメリット」「スタートするタイミングが重要でないこと」「リバランスの考え方」、「出口戦略」について、適切な解説ができません。

ドルコスト平均法検定では、ドルコスト平均法の公式を用いて、提案からフォロー(リバランス)、出口戦略まで含めて、トータルで根拠のあるアドバイスをできる人材を育成します。

ドルコスト平均法をプロとしてアドバイスしたい方は、ドルコスト平均法検定を受験してください。

1級まで合格した人は、ドルコスト平均法スペシャリストとして認定されます。

1級まで合格した人のみ、ドルコスト平均法協会の認定講師の試験を受けることができます。

お客様もアドバイザーも幸せになる説明をしよう

SUCCESS or FAILURE

せっかく、ドルコスト平均法を伝えても、これまでの一般的なドルコスト平均法の説明では、お客様も売り手も、不幸になってしまいます。

なぜなら、相場は必ず下がりますが、その時にお客様は不安になり、それが売り手への不信を生み、ガマンを強いるので不満が蓄積していくからです。

売り手としても、お客様に不安・不満・不信を持たれるのは、いやなことです。

相場が下がると連絡がしづらくなり、お客様と距離が生まれます。それが余計に、お客様の不安・不信・不満を生む悪循環を生むのです。

ドルコスト平均法は何年も何十年も続けるものです。その間で必ず、大幅な下落局面が来ます。

「量」の視点を本当に深く理解してもらわないと、そこで不安・不信・不満が生まれるのは必然なのです。

これは、「お客様もアドバイザーも不幸になる売り方」です。

ドルコスト平均法の公式に基づいた説明をすれば、相場の下落局面でも上昇局面でも、お客様は安心して続けられます。

むしろ、相場下落局面を楽しんでもらえます。

すると、アドバイザーも幸せになれます。そういうアドバイザーは、お客様が安心するので、信頼が生まれ、紹介が発生します。

必ず来る相場下落局面を、お客様の「不安・不信・不満」に繋げるか、「安心・信頼・紹介」に繋げるかを決めるのは、アドバイザーの選択です。

もし、後者の道を歩みたいのなら、ドルコスト平均法を体系的に基礎からマスターする必要があります。

お客様もアドバイザーも双方が幸せになる説明をマスターしたい方は、ドルコスト平均法を受験してください。

ドルコスト平均法検定を受験する8つのメリット

 Fotolia_80058446_XS

ドルコスト平均法検定を受験するメリットを7つ紹介します。

1.相場下落を提案のチャンスにできる(3級・2級)

ドルコスト平均法の公式を使うことで、「下落のメリット」を解説でき、相場下落時を提案のチャンスにできます。

マーケットの上昇時も下落時も提案できるので、相場環境に関係なく、常に推進できます。

2. 紹介が増える(2級)

ドルコスト平均法は一括投資にない特徴がいくつもあります。

ドルコスト平均法の公式を用いて、その特性を説明することで、「面白い」「知らなかった」という反応が得られ、紹介が生まれやすくなります。

また、ドルコスト平均法の紹介が生まれる4要素を理解することで、紹介が出る確率を飛躍的に上げることができます。

3. 相場下落時の解約やクレームが減る(3級・1級)

ドルコスト平均法の「下落のメリット」を理解してもらうことで、相場下落時に不安になって解約したり、クレームが発生するリスクを減らせます。

従来の「複利効果」の説明しかしないと、相場下落時にクレームや解約・減額につながりやすくなります。

4. フォローが楽になる(3級・1級)

ドルコスト平均法の公式を理解してもらうと、フォローが楽になります。

例えば「この商品は良い成績が期待できますよ」と商品成績を訴求して販売すると、その後、成績が芳しくない時にクレームにつながります。

しかし、ドルコスト平均法における「商品の成績が悪いことのメリット」を理解してもらえば、むしろ成績が悪いことを楽しみながら、続けていただけます。

5. ドルコスト平均法のリスクを適切に説明できる(3級・2級)

従来の「平均買付単価」や「複利効果」による説明では、ドルコスト平均法の最大のリスクを説明できません。

ドルコスト平均法の公式を使うことで、ドルコスト平均法固有のリスクと、その対処の考え方を説明できます。

それだけではありません。

お客様は投資を始めるタイミングのリスクを過剰に感じています

しかし、ドルコスト平均法の公式を使うことで、始めるタイミングのリスクはほとんど気にしないで良いことも根拠を持って説明できます。

つまり、ドルコスト平均法の公式を使うことで、リスクを過大評価もせず過少評価もせず、適切に説明できるのです。

6. 契約単価が上がる(2級)

ドルコスト平均法の特徴を、深く理解してもらうことで、安心感から単価も上がります。

よくわからないもの、本当に腹落ちしてないものに、大きなお金を預けるでしょうか?

ドルコスト平均法の特徴を公式を用いて、わかりやすく伝えることで、契約単価が上がります。

7.大口案件ができる(2級)

ドルコスト平均法で、数十万円から数百万円の案件を作るにはどうすればいいのでしょう?

ドルコスト平均法の特徴を体系的に理解することで、提案の幅が何倍も広がります。

すると、目の前の広大なチャンスに気づきます。

大口のドルコスト平均法の案件が作れていない人は、まず体系的にドルコスト平均法を理解した方がいいのです。

ドルコスト平均法で数百万円などの大口案件を作りたい方は、2級の試験を受けてみてください。

8. どんな状況になっても自信を持ってフォローのアドバイスができる(1級)

long

ドルコスト平均法は何年〜何十年と続けるものです。

仮に30年のドルコスト平均法をする場合、スタートするまでは1か月でも、その後に360か月のお客様との付き合いが始まります。

その間、色々な相場環境があるでしょう。

大暴落も何度も来ます。

そんな時に、お客様の眼をしっかり見て、根拠と自信を持ってフォローのアドバイスができます。

従来のドルコスト平均法の説明では、根拠のある説明はできません。

お客様の質問にきちんと答えられるアドバイザーは信頼につながり、さらなる取引拡大につながります。

以上、ドルコスト平均法を受験する8つのメリットについて解説しました。

当検定を受験し、相場変動などに左右されない確固たる説明のスキルを身につけてください。

今後、ドルコスト平均法の重要性はさらに高くなる

Fotolia_88850261_XS

日本は2040年には100人中40人が65歳以上の高齢者になります。

年金や医療など、社会保険制度はかなり厳しい状況になるのは間違いありません。

しかも2040年の女性の平均年齢は90歳を超えています。

そうした社会を迎えるにあたり、今後、自助努力による資産形成は必須になります。

ドルコスト平均法は、その中で王道とも言える方法です。

また、設立趣旨でも述べましたが、ドルコスト平均法が広がることで、将来の日本の税収・景気・個人金融資産に大きな影響を及ぼします。

多くのお客様が安心して、ドルコスト平均法を始めて、安心して続ける為には、ドルコスト平均法をプロとしてアドバイスできる人材が必要なのです。

ドルコスト平均法検定を受けて欲しい方

social network touchscreen - connectivity
  • 資産運用のアドバイスをする方 (FPの方など)
  • 金融機関にお勤めの方(銀行、証券会社、保険会社、運用会社、地銀、第二地銀、信用金庫、労働金庫、運営管理機関etc)
  • マネーセミナーの講師をする方
  • 確定拠出年金の業務に携わる方
  • マネー本などを執筆する方
  • マネー関係のメディア関係者
  • ドルコスト平均法を伝える楽しみを味わいたい方
  • ドルコスト平均法を広めることが、お客様のためになるのは勿論、日本の社会のためになると思う方

ドルコスト平均法検定を受けて欲しくない方

Fotolia_90151827_XS

以下の様な方は受験をお断りします。

  • お客様に正しく説明できないでも構わないという方
  • 自分の提案する商品が売りやすければそれでいい方
  • とにかく売れればいいという方
  • 売った後のフォローや、出口戦略について気にしない方
  • 資産運用のアドバイザーとして、アドバイスの質にこだわらない方

ドルコスト平均法検定について

a young asian woman using laptop computer

検定のテーマと主な内容

ドルコスト平均法検定は3段階です。主なテーマと内容は以下の通りです。

テーマ  内容
<3級>
これまでの説明の問題点
ドルコスト平均法の基礎
■これまでのドルコスト平均法の説明の3つの問題点
 ・平均買付単価の問題点
 ・商品の成績と投資の成績の区別をしていない問題点
 ・量の視点がない問題点
■ドルコスト平均法の公式について
■ドルコスト平均法の基本的特徴
■ドルコスト平均法のリスクについて
 ・過少評価されているリスク
 ・過大評価されているリスク
■ドルコスト平均法の鉄則
■ドルコスト平均法の状況(日本・海外の状況)
■ドルコスト平均法に関する金融業界の状況について
<2級>
提案に関する実務知識
(基礎・応用)
■ドルコスト平均法の説明に必要な実践的知識
 ・相場環境に依存しない説明のテンプレート
■ドルコスト平均法を提案するポートフォリオの基礎知識
■ドルコスト平均法を実践する商品(制度)の特徴
■ドルコスト平均法をする金額について
■ドルコスト平均法の提案で抑えておくべき3つの投資家心理
■ドルコスト平均法の魅力を伝える「利回り」以外の3要素
■ドルコスト平均法で紹介が得られる4つの要素
■ドルコスト平均法を長期で行う本当の効果
■ドルコスト平均法と一時金の組み合わせ投資について
■ドルコスト平均法から一時金の分割投資への展開について
■ドルコスト平均法とボーナス買付について
■ドルコスト平均法の大口提案を生む切口
1級
フォローの基礎知識
(リバランス・出口戦略)

■ドルコスト平均法のフォローについて
 ・現状解説
 ・損益分岐点解説
 ・シミュレーション解説
■ドルコスト平均法のリバランスについて
 ・これまでのリバランスの解説で抜け落ちている点
 ・リバランスに必要な3つの視点
 ・リバランスの効果について
 ・個別商品の組み合わせ vs バランスファンド
■ドルコスト平均法の出口戦略
 ・出口戦略に必要な4つの視点
 ・モデルプランニング
■ドルコスト平均法の回復力(損失期間の平準化効果)について
■ドルコスト平均法の期待値について
 ・複利ではない本当の期待値
 ・投資期間と商品の成績の関係
 ・期待値を考える為に覚えておくべき3つの数値
■ドルコスト平均法の本質的価値

3級の内容

これまでのドルコスト平均法の説明の問題点を理解します。

そして、ドルコスト平均法の公式に基づき、基本的特徴やリスクを説明する為の基本を身につけます。

3級の試験は、お客様に誠実にドルコスト平均法をアドバイスするために、基礎となる絶対に欠かせない知識です。

3級は会員の方のみ受験できます。

ドルコスト平均法アドバイザー3級と認定されます。(認定状を発行します。資格名の利用が可能です。)

3級テキストについて

半値になっても儲かる「つみたて投資」 検定料に含まれてません。ご自身でご用意ください。
終わりで大きく儲かる「つみたて投資」 検定料に含まれてません。ご自身でご用意ください。
オリジナルテキスト 検定料に含まれています。検定前にお送りします。

2級の内容

ドルコスト平均法を実務レベルできちんと伝えられるようになることが目的です。

相場環境によらず、テンプレートに沿って説明する方法を理解します。

また、ドルコスト平均法の紹介が生まれる4つの要素を軸に、中長期的にあなたのファンを増やし、口コミで紹介が生まれやすい説明スキルを身につけます。

また、一時金との組み合わせ投資や、一時金の分割投資まで助言できるようになることで、提案の幅が広がります。

そして、法人や富裕層への大口提案の切口も対象になります。

2級の試験は、ドルコスト平均法を実務として、推進していくために必要な知識です。

2級の内容も、これまでの私の書籍に書いていない内容が含まれています。

2級に合格すると、ドルコスト平均法アドバイザー2級と認定されます。(認定状を発行します。資格名の利用が可能です。)

2級テキストについて

ゼロからわかる積立投資のススメ方 検定料に含まれてません。ご自身でご用意ください。
オリジナルテキスト 検定料に含まれています。検定前にお送りします。

1級の内容

1級はドルコスト平均法のフォローに必要な知識です。リバランス出口戦略に関する知識です。

また、かなりマニアックなドルコスト平均法の知識も出されます。

ドルコスト平均法は、何十年と長く続けるケースがほとんどです。その間しっかりサポートするために必要不可欠な知識になります。

特に、ドルコスト平均法のリバランスは非常に深いテーマです。

これまでのドルコスト平均法のリバランスについては、我流というか、はっきりとした根拠のないものが多かったです。

リバランスに必要な3つの視点を軸に、根拠のあるアドバイスができる様になります。

1級の試験は、ドルコスト平均法をアドバイスするプロとして、お客様にきちんとした価値あるフォローをするために、必要不可欠な知識です。

1級に合格すると、ドルコスト平均法アドバイザー1級、そして、ドルコスト平均法スペシャリスト と認定されます。(認定状を発行します。資格名の利用が可能です。)

1級のテキストについて

積立投資のすべて 検定料に含まれてません。ご自身でご用意ください。
オリジナルテキスト 検定料に含まれています。検定前にお送りします。

*検定の内容は予定であり変更されることもあります。

受験要項

・受験資格:ドルコスト平均法協会の会員

・問題:20問 (予定)

カテゴリーごとにランダムに問題が作成されますので、他の人と内容は一致しません。難易度はそろえてありますので、安心してください。

・合格ライン:70点 (100点満点)

・補助テキストについて:補助テキストは受験日の1ヶ月ほど前にお送りします。

・受験料と開催頻度

  受験料 開催頻度
3級 10,800円 (税込) 毎月1回
2級 10,800円 (税込) 毎月1回
1級 16,200円 (税込) 毎月1回

*受験料には対策テキストも付いています。

試験日程について

各試験は、開催月の最終金曜日の午前中になります。

※1月の受験日は、1月26日(金)です。

受験申込の締切は前月末になります。(例:5月の受験→4月末締切)

ドルコスト平均法スペシャリストについて

certificate template

ドルコスト平均法検定を1級まで合格すると、ドルコスト平均法協会が認定する「ドルコスト平均法スペシャリスト」になります。

「ドルコスト平均法スペシャリスト」は、提案だけでなく、フォローやリバランス、出口戦略までトータルにドルコスト平均法を説明できるエキスパートです。

今後、ドルコスト平均法に関心を持つ人、ドルコスト平均法を始める人が増えます。

そういう方々にドルコスト平均法の適切なアドバイスができる社会的価値の高いアドバイザーです。 

ドルコスト平均法スペシャリスト認定はゴールではなくスタート地点

Start Straight for sun

ドルコスト平均法検定を1級まで合格し、見事、ドルコスト平均法スペシャリストに認定されたとしても、それはゴールではありません。

そこが、一流のアドバイザーとして活躍するスタート地点になります。

2050年に日本は高齢化率40%を超えます。

超高齢化社会まで25年もありません。

時間が限られています。

その頃に、「年金が足りない!」「お金をしっかり貯めておけばよかった!」となっても遅いのです。

だからこそ、しっかりとスピーディーにドルコスト平均法を伝える必要があります。

ドルコスト平均法スペシャリストは、ゴールではなく、あなたが本当の意味で活躍するスタート地点なのです。

ドルコスト平均法で幸せな人を増やそう

私は、ドルコスト平均法は最も多くの人が取り組める資産作りの方法と確信しています。

そして、設立趣旨でも述べた通り、アメリカでドルコスト平均法が広まった様に、日本でも広めたいと願っています。

それが、これから本格的に高齢化が進み、より自助努力による資産作りが必要になる日本人の為になるからです。

「ドルコスト平均法を伝えて、幸せになる人を増やしたい」

この考えに共感する方は、ドルコスト平均法を受験してください。

あなたが1級まで合格し、ドルコスト平均法スペシャリストとして認定される日を楽しみにしています。。

受験の方法について

・受験方法:オンライン受験です。試験当日の午前中(AM 8:00〜AM 12:00)に、PCから受験サイト(協会HP)にログインして受験してください。

・仮に、インターネットの接続が切れるなどして、再受験をする場合は、その日の午後に再受験となります。

再受験は午後17:00までが締め切りとなります。

・オリジナルテキストについて:受験の初旬に郵送でお送りします。指定の市販されているテキストはご自身でご用意ください。

・合格発表について:受験終了時、即座に合否が出ます。

・注意事項

1.インターネット環境が安定した場所で受験してください。途中でインターネットが切れた場合、受験し直しになります。

2.ブラウザのjavascriptは有効にしておいてください。インターネットエクスプローラーの古いバージョンをご利用になられていたり、ブラウザの設定でjavascriptを無効にしているとエラーになります。必ず受験前に、javascriptの設定を有効にしておいてください。

3.受験は必ず指定した時間の間に受けてください。それを過ぎると、不合格になります。

お客様に喜んでもらえる!
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book

 

NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。