【8会場】何のためにドルコストを伝えるのか?【FP向け】

nani

170名以上の方にお申し込み頂きました。ありがとうございました。

何のために、ドルコストを伝えるのか?

お陰様で、ドルコスト平均法協会は11月に1周年を迎えます。

それを記念して、全国8会場でドルコストツアーを開催します。

テーマは「何のために、ドルコストを伝えるのか?」です。

これから「貯蓄から資産形成」の流れが本格化する

金融庁が9月15日に公表したレポートで「貯蓄から資産形成」のメッセージを色濃く出しました。

これまでは「貯蓄から投資へ」というフレーズが用いられてきましたが、一段踏み込んで、資産形成層の必要性を強調した内容になりました。

それは裏返すと、日本人の資産形成に大きな課題があることを意味します。

私の推計では、現在日本で長期・分散・積立(ドルコスト)をしている人は、たったの約3%程度です。

このまま放っておくと、将来お金に困る日本人が続出します。

ドルコスト平均法の啓蒙・普及は、国家的な課題になったのです。

ドルコスト平均法の伝道師が圧倒的に足りない

しかし、ドルコスト平均法の伝道師は、圧倒的に足りません。

残念ながら、金融機関は本気でドルコスト平均法を伝えていません。

数年前より、少し増えましたが、まだまだ焼け石に水状態です。

質の高いドルコストの伝道師を増やすために、「なぜ、ドルコストを伝えるのか」と言う根本的な部分を皆さんと共有します。

ドルコストを伝えたい方、ドルコストを積極的に伝えていきたい方のご参加をお待ちしています。

講演内容

  • 日本経済のの環境
  • 世界経済の環境
  • 金融業界の環境
  • お客様の環境
  • ドルコスト平均法の課題
  • なぜ、ドルコストを伝えるのか

開催概要について

開催日時

  • 11/15(火):福岡 14:00-17:00 (20名)
  • 11/16(水):広島 14:00-17:00 (20名)
  • 11/17(木):大阪 13:30-16:30 (30名)
  • 11/18(金):名古屋 14:00-17:00 (30名)
  • 11/22(火):札幌 13:30-16:30 (20名)
  • 11/24(木):仙台 13:30-16:30 (20名)
  • 11/25(金):東京 14:00-17:00 (40名)
  • 11/28(月):金沢 13:30-16:30 (20名)

☆開場は、各会場とも開始30分前です。

定員に限りがありますので、お早めにお申込みください。

開催時間

各会場3時間を予定しています。(休憩時間含む)

終了後、希望者で懇親会を行います。1人4000円程度の予定です。

ドルコストを推進しようとする仲間との貴重な情報交換の場になりますので、お時間のご都合がつく方はお申込みお待ちしています。

参加費

2000円(税込)

お支払い方法はクレジットカード銀行振込があります。

☆銀行振込の場合、3日以内に申込み返信メールに記載されている口座にご入金ください。

ご入金を持って、お申込み完了となります。

参加特典

ご参加いただいた方にはもれなくドルコストを伝える小冊子5冊を差し上げます。

hyoushi

会場

会場はお申込み頂いた方にお伝えしています。

注意事項

・金融業界にお勤めの方、FPの方、その他ドルコスト平均法の推進を業務とされている方のみご参加いただけます。一般の方のご来場はお断りいたします。

・遅刻をすると、他の方のご迷惑になりますので、お断りすることもあります。

・銀行振込を選択された方は、ご入金を持ってお申込み完了となります。

お申し込みは締め切りました。どうもありがとうございました。

nani

ドルコスト平均法ゲームの様子


何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book


NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。