【新刊】「星野式ドルコスト説明法」をAmazonで発売開始しました

ebt

これまでのドルコスト平均法の説明は問題があります。

1つ目は平均買付単価の問題です。
「価格が下がった時に多くの量を買い、価格が上がった時には少ない量しか買わないので、平均買付単価を押し下げる効果がある(平準化される)」といった説明が定着しています。

2つ目は、リスクの説明についての問題です。
ドルコスト平均法には幾つかのリスクがありますが、それが過少評価されたり、逆に過大評価され、適切に説明されていません。

3つ目は、本来のドルコスト平均法の本質的な特徴が説明できてない問題です。
ドルコスト平均法は、下落時の安心感や、続けるストレスの低さ、いつ始めても良い安心感など、数値化できない価値が多数あります。
しかし、従来式ではそれらが伝わりません。

星野泰平が10年以上かけて生み出した「星野式ドルコスト説明法」を使うことで、投資家も、アドバイザーも両方が幸せになれます。
相場の下落時 もお客様が不安にならず、安心して続けてもらえます。
お客様が不安にならずに、安心して続けてくれると、 アドバイザーも幸せです。
「量」の視点を持つことで、お客様もアドバイザーも双方が幸せになるのです。

ドルコストを推進したい人は「星野式ドルコスト説明法」をマスターして、将来資産不足に困る人を減らして、幸せな人を増やしていき ましょう。

ebt

ドルコスト平均法ゲームの様子


何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book


NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。