金融機関のサポートについて

osaka
これまで都市銀行・地銀・第二地銀・証券会社・保険会社・信用金庫・労働金庫・運用会社などの金融機関に、研修やイーラーニング作成、講演など積立投資の推進のサポートを行いました。

(実績例:三井住友銀行、八十二銀行、南都銀行、但馬銀行、福岡銀行、紀陽銀行、佐賀銀行、北九州銀行、もみじ銀行、長崎銀行、大分銀行、山口銀行、山陰合同銀行、栃木銀行、神奈川銀行、大光銀行、富山銀行、東京スター銀行、野村証券、エース証券、あんしん生命、アクサ生命、ソニー生命、西中国信用金庫、長野信用金庫、高崎信用金庫、東海労働金庫、近畿労働金庫など)

金融機関のサポートについて

ドルコスト平均法ゲームを導入いただいた金融機関様のドルコスト平均法の推進を、ツール・教育・コンテンツ面などで全面的にサポートします。

ドルコスト平均法ゲーム(じぶん年金ゲーム)

game1000

ドルコスト平均法ゲーム (通称:じぶん年金ゲーム)を導入いただいた金融機関様を、研修・コンテンツ面で全面的にサポートします。

15個の金融機関の職員1000名以上に体験してもらった結果、93%以上の職員が「ゲームを使って、積立投資を説明したい」と回答しました。

当ゲームはすでに、日本を代表する銀行、証券会社、保険会社などの複数の金融機関にご利用いただいています。

ゲームをご利用いただくと、誰でも簡単にドルコスト平均法の特徴を説明できます。

各支店でセミナータブレットを用いて訪問先での説明だけでなく、確定拠出年金の加入者教育などにも効果的です。

当ゲームは、個別商品などの情報は一切表示されないので、コンプライアンス面でも安心してご利用いただけます。

ドルコスト平均法ゲームには、非常に重要なプレゼンの「型」があります。

この「型」通りに、ドルコスト平均法を説明すれば、誰でも簡単にドルコスト平均法の特徴やリスク、リスクへの対処方法を説明できます。

従来の「平均買付単価が下がる」「平均買付単価が抑えられる効率的な投資方法です・・・」の様な説明とは一線を画した、本当にお客様のための説明が可能です。

本当にお客様のための説明をしたければ、平均買付単価を用いた説明は、今すぐやめるべきです。

このゲームを用いたプレゼンの「型」を見せたあとに、実際にゲームをすると次の動画の様な反応になります。

いかがでしょうか?参加者の皆様が楽しみながら、ドルコストの特徴を学んでいる様子が伝わります。

このゲームはPCだけでなく、iPadなどのタブレットでも利用できるので、個別面談でも訪問先でもいつでも気軽にご利用いただけます。

ドルコスト平均法を本気で推進したい金融機関には必須のツールです。

ゲーム体験者の声もまとめてありますので、下の画像をリンクして確認してみてください。

gamevoice

金融機関向けのサポート内容

①ドルコスト平均法の研修

osaka

星野泰平が職員向けにドルコスト平均法の研修を行います。

研修参加者の声をまとめましたので、ご覧くださいませ。

②イーラーニング(研修用動画)の作成支援

eleaning

ドルコスト平均法についてのイーラーニング(研修用動画)の作成をお引き受けします。

すでに多くの銀行・証券会社・保険会社などの金融機関で実績があります。

各支店の担当者が一斉に集まるのは大変ですが、動画を撮影すれば、担当者の都合の良い時に何度でも閲覧可能です。

撮影する内容の例は以下の通りです。ご要望に応じて撮影します。

・積立投資の説明の基礎
・店頭や支店の担当者さんが手短に説明するための動画
・積立投資に関する応酬話法
・支店のセミナー講師向け
・組合せ投資のご提案・大口提案・紹介営業の方法
・セミナーを撮影し講師がいつでも閲覧できるようにする etc

③小冊子の提供

sasshihyoushirenew

ドルコスト平均法を伝える小冊子が購入可能です。

ドルコスト平均法を伝える小冊子は、すでに11万部以上のご注文をいただきました。

小冊子があると、「これ、読んでみてください」と手渡しするだけで、ドルコストの説明ができるので、伝達効率が飛躍的に上がります。

面談で渡すだけでなく、金融機関のセミナー参加者のノベルティなどに活用頂いています。

前半は文字を大きく見やすい説明、後半に星野泰平が数百回の講演の中で反応が良かった話を18のコラムにまとめています。

ご自宅で読んでもらえば復習にもなりますし、ご参加されなかった家族の方に読んでもらえば、説明の手間が省けたり、ご紹介など広がりも期待できます。

数千、数万部単位のご注文も承っています。ボリュームが多くなると、ディスカウントもあります。

④ドルコスト平均法に関するコンテンツの作成支援

cover帯あり  s_7

星野泰平が作成したドルコスト平均法を伝えるための各種コンテンツの作成もサポートします。

セミナー資料への活用、各種パンフレットなどへの掲載も可能です。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ。

お名前 (必須)

所属法人名(個人の方は屋号) (必須)

所属支店・部署など
  

メールアドレス (必須)

電話番号
  

お問合わせの種類

お問合わせ内容

日本に定着してしまった
「間違いだらけ」のドルコスト説明法とは? 無料E-book

NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画

「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。


ドルコスト平均法ゲームの様子



何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book