ドルコスト平均法を伝える小冊子

sasshihyoushirenew

累計8万部のご注文をいただきました!

銀行・証券会社・保険会社・信用金庫・運用会社などの金融機関のセミナーのノベルティとしてご好評をいただいています。セミナー参加者にお渡しいただくと、ご自宅に帰ってから、もう一度学んでいただけます。

小冊子はコストパフォーマンス最強の教育ツール

小冊子はコストパフォーマンスが非常に高い教育ツールです。

あなたに代わって、教育を代行してくれます。

セミナー参加者に配るなど、ドルコスト平均法を伝える効率が飛躍的にあがります。

私自身、昔小冊子を活用していた経験を踏まえて、心の底からオススメするツールです。

質の高い小冊子を作るのは大変・・・

Fotolia_66432117_XS

小冊子は非常に便利ですが、ゼロから作成するのは大変です。

構成を考えて、ライティングしてみても、いまいち伝わらない文章になることはよくあります。

また、デザイン・イラストなどまでこだわると、かなりの労力がかかります。

せっかく作っても、質が低くて「この人の文章、読みづらい・・・」と思われたら逆効果です。

質の高い小冊子を提供

そこで、その負担をなくすために、ドルコスト平均法に特化した書籍を4冊執筆し、他にも多数のドルコスト平均法に関する連載や原稿を執筆してきた星野が書き下ろしました。

これを使えば、ゼロから作る必要はありません。

構成を考え、原稿を書いたりする必要はありません。

余計なことに時間を取られる必要もありません。

他の人が書いた小冊子との最大の違い

Fotolia_76132256_M

私が書いた小冊子と、他の人が書いた小冊子の最大の違いは、メッセージが持つ「共感」の差です。

メッセージに「共感」してくれた方は、あなたの仲間になってくれます。

手前味噌になりますが、私が独立後、ドルコスト平均法のテーマだけで、上場企業、大学、地方公共団体、金融機関、各種団体などから、数百本の講演に呼ばれたのは、ほぼ全て私のメッセージに「共感」していただいた方からのご紹介です。

一切の営業をしてませんし、講師紹介サービスなどに登録したこともありません。

私のメッセージに「共感」して頂けた理由は、おそらく2006年から10年以上、誰も見向きもしないドルコスト平均法に本気で向き合った経験があるからだと思います。

そこには、数え切れないほどの不安、苦しみ、葛藤、悩み、失敗、挫折があり、その数だけ「次はこうしてみよう」というトライアンドエラーの積み重ねがあるからです。

どうすれば、ドルコスト平均法をわかりやすく伝えられるか。

このテーマに、真摯に向き合った経験の積み重ねが、「共感」を生むと私は信じています。

そして、数百回の講演の中で、毎回小さな改善を重ねて、「いいね!」と言ってもらえるメッセージに磨き上げてきました。

この小冊子は、私の10年間の経験を結晶化した産物です。

そして、私の積み上げてきた経験を「ドルコスト平均法をしっかり伝えたい」という志を同じくするあなたにも使ってもらいたいと考え、今回、小冊子を作ることにしたのです。

価格は自分で作るより圧倒的に安い

しかも、料金は自身で作るより、安くご利用いただけます。

この小冊子は64ページあります。

全面カラーで豊富な図表を入れてます。

自前で作ろうとすると、それなりのコストがかかります。

印刷費は部数が少ないほど割高になるため、自分たちで作るにはそれなりの予算が必要です。

しかし、当協会の小冊子を活用すれば、誰でも手の届く価格で気軽にご利用いただけます。

私の本を何冊も買い込み配っていただいている方もいますが、小冊子の方が負担ははるかに少なくなります。

内容について

この小冊子はドルコストを伝えることに特化していて、2段階の構成になっています。

前半:読みやすさを重視したメインの部分

p23_p24

前半がメインの教育部分です。

この部分は文字が大きくしたり、図表を入れて、一般の本を読むよりも抵抗感が少なく読めるように工夫してあります。

あまり興味のない本を一冊渡されても読むのは苦痛ですが、この程度文字が大きく、行間があいて内容が少ないと、「せっかくだし、ちょっと読んでみようか」と思ってもらいやすくなっています。

前半は必要最低限のことしか書いてませんが、「量」の考え方など、基本はしっかり伝わるようになっています。

後半:興味を持った人をさらに惹きつける部分

p39_p40_3

後半は、前半を読み興味を持ってくれた人が、さらに「ドルコストを面白い」と思ってもらえるようなネタをコラム形式で紹介しています。

すでに興味を持っている人を対象にしているので、文字は通常の書籍と同様小さめにして、その代わりに内容を濃くしてあります。

これまでの経験上、反応がいい話を、色々な切り口で紹介しています。

全て読んでもらえなくても、気にいるコラムが1つでもあれば、ファンになってもらえます。

また、かなり図表も入れてるので、資料集としても使えます。

星野の経験を凝縮した内容

前半も後半も、私のこれまでの経験を凝縮して作りました。

きっと、あなたにもお気に入りになるネタが収録されているはずです。

私が約10年かけて積み上げてきた経験値を全て詰め込んであります。

使い方の例

  1. 名刺交換の時に、「私、ドルコスト平均法をお伝えしてます」と言って渡す
  2. セミナー参加前に送って、読んできてもらう
  3. セミナー参加者に渡して、ご家族みんなで読んでもらう
  4. 既存のお客様のフォローの情報提供に渡す
  5. ドルコスト平均法を気に入ったり、必要性を感じる人から、知り合いの人に配ってもらう
  6. 金融機関のセミナーのノベルティに活用する (サランラップより実用的?)

これらは一部の例です。

料金について

quality speed efficiency and cost concept

このツールは本当にコストパフォーマンスが高いと自負しています。

本来であれば、私が代わりに説明しているようなものです。私の講演料は通常、1本数十万円なのでそれなりのお金を頂いてもいいと思います。

また、書籍として捉えるなら、通常の書籍と同様、1冊1,000円程度に設定しても決して高くないと思います。

しかし、「多くの方にドルコスト平均法を伝えて幸せな人を増やす」という理念に共感していただける方のために、思い切って以下の価格に設定させていただきました。

価格(会員の方)

  1冊料金 送料 価格(総額)
20冊 432円 1,000円 9,640円
50冊 324円 1,500円 17,700円
100冊 294円 1,500円 30,900円
100冊(リピート) 248円 1,500円 26,300円

*1000部以上など大口でのご注文の方は割引もあります。お問い合わせください。

非会員の方

会員でない方(金融機関でお買い求めの方など)は、最低で1,000部よりご注文いただけます。

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

私の本が1冊約900円なので、約1/2〜1/3の価格に抑えてあります。

小冊子を活用して、ドルコストを効率よく多くの方に伝えてみてください。

小冊子は会員の方のみご購入いただけるようになりました。協会サイトにログイン後、マイページからお申し込みいただくと会員価格でお買い求めいただけます。

クイズ冊子と合わせて説明すると、より教育効果が高まるのでオススメです。

ドルコスト平均法ゲームの様子

 

何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book

 

NEW★お客様に喜んでもらえる!
「ドルコスト平均法ゲーム」使い方解説動画


「ドルコスト平均法ゲーム」の使い方を星野泰平が60分でわかりやすく解説しています。「ドルコスト平均法ゲーム」のご利用に興味がある方は、ご覧ください。