【ドルコスト書房】ドルコスト平均法に関する書籍

Fotolia_106944980_XS

星野泰平が書き下ろしたドルコスト平均法に関する書籍をご紹介します。

【NEW!】ドルコスト平均法は平均買付単価が下がる手法ではありません (41ページ/小冊子)

heikin-704x1024

2017年5月発売!

本書は、ドルコスト平均法の説明で、「平均買付単価」を用いる問題点や弊害を解説します。

「投資の成績=量×価格」を用いて、きちんとドルコスト平均法の説明ができるアドバイザーになりましょう。

ドルコスト平均法は平均買付単価が下がる手法ではありません

半値になっても儲かる「つみたて投資」

b1

運用初心者の方に、ドルコスト平均法を説明することを念頭に、かなり平易な文体で解説しています。

多くの金融機関でも、職員向けの研修教材として読まれている書籍です。

まずは、こちらの書籍を読むことをオススメします。

半値になっても儲かる「つみたて投資」

終わりで大きく儲かる「つみたて投資」

b3

ドルコスト平均法プレゼンシステムで体験できることを、説明した書籍です。

一般の方には少し難しいですが、ドルコスト平均法の特徴を伝える人には必須の内容です。

確定拠出年金の継続教育などには、非常に使える内容が書いてあります。

また、ドルコスト平均法のリバランスについての考え方も紹介してあります。

終わりで大きく儲かる「つみたて投資」

ゼロからわかる積立投資のススメ方

b4

ドルコスト平均法の説明の基本となる3つのステップについて、解説してます。

半値になっても儲かる「つみたて投資」の副読本のような書籍です。

半値になっても儲かる「つみたて投資」で紹介している各グラフを作った目的や、使い方について説明しています。

ドルコスト平均法のセミナー講師をされる方にはオススメです。

ゼロからわかる積立投資のススメ方

積立投資のすべて

b2

積立投資についてありとあらゆる角度から、徹底検証した書籍です。

検証と数値が並んでいるため、かなり難しく感じると思います。

興味のある方はトライしてみてください。

積立投資のすべて

何の為にドルコストを伝えるのか
「ドルコストを伝えるべき7つの理由」無料E-book